「のび太の月面探査記」辻村深月著

公開日: 更新日:

 月面探査機「ナヨタケ」のカメラに、竜巻のようになった渦状の柱が何本も写り込んだところから物語は始まる。その正体を巡って、小学校のクラス内でも諸説が飛び交うなか、のび太は「それは月にいるウサギだ」と主張したことでみんなの笑いものになってしまった。悔しさでいっぱいになったのび太は、ドラえもんの道具を使って月の裏側にウサギ王国をつくり始める。

 そんなある日、クラスに謎の多い転校生・ルカがやってきた。のび太は、いつもの遊び仲間のジャイアン、スネ夫、しずかちゃんに加えてルカも誘って、ウサギ王国に向かうのだが……。

 本書は、直木賞作家である著者が脚本を手掛けて話題を呼んだ「映画ドラえもん のび太の月面探査記」を、改めて自ら書き下ろしたもの。子どもの頃から大のドラえもんファンだったということもあり、ドラえもんのポケットから繰り出される秘密道具「異説クラブメンバーズバッジ」や「わすれろ草」など、漫画を読んだことのある人なら懐かしくなる道具も登場。

 国民的に知られているキャラクターが、小説の中で冒険を遂げる姿が、なんとも新鮮で面白い。

(小学館 1800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  2. 2

    兵庫・明石商監督に聞いた データ分析のチーム強化の労苦

  3. 3

    韓国が切り札で反撃 安倍首相の嘘が招いた“東京五輪潰し”

  4. 4

    未浄化下水広がる“肥溜めトライアスロン”に選手は戦々恐々

  5. 5

    引きこもりだった大学生が「しょぼい喫茶店」を始めるまで

  6. 6

    舘ひろし氏「太平洋戦争はエリートが犯した失敗の宝庫」

  7. 7

    靖国参拝で改めて認識 進次郎氏の軽薄さとメディアの劣化

  8. 8

    北朝鮮ミサイル発射を傍観するトランプ大統領“本当の狙い”

  9. 9

    清宮&輝星采配で炎上 栗山監督の求心力低下が止まらない

  10. 10

    セレブ子弟集まる青学初等部に残る“ボスママ戦争”の後遺症

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る