• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「かがみの孤城」辻村深月著

 安西こころは公立中学へ進学してすぐにクラスの女子からひどい仕打ちを受け、5月から学校へ行けなくなる。

 悶々としていたある日、部屋の鏡が突然光り始めた。鏡は童話に出てくるような豪壮な城への入り口で、城には、狼の面を着けた少女「オオカミさま」の監視の下、こころを含め7人の男女が集められていた。来年の3月30日までに「願いの部屋」の鍵を見つけた者は、どんな願いもかなう。ただし、この城に居られるのは9時から17時までで、それを守らない場合は狼に食われるというのだ。

 全員学校に行っていない中学生で、この城以外に居場所のない7人は、徐々に互いの存在を大切に思うようになる。だが、期日が来ればここでの記憶はなくなり、別れなくてはならない。それだけはイヤだ。では、どうすればいいのか?

 彼ら7人が選ばれたのはなぜかという謎を軸に、おのおのが抱える闇が明かされていくのだが、物語が進むにつれ、それらが一つに結び合わされていく。謎を収斂させていく手際は見事というほかなく、日本オリジナルのファンタジーとしても秀逸。(ポプラ社 1800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  2. 2

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  5. 5

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  6. 6

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  7. 7

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  8. 8

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  9. 9

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  10. 10

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

もっと見る