「飛族」村田喜代子著

公開日: 更新日:

 養生島に住んでいるのは老女3人。そのうち最年長だった南風原ナオさんが97歳で亡くなった。ウミ子は92歳の母親の鰺坂イオを本土に連れて帰ろうとしたが、そうすると、88歳の金谷ソメ子さんを島に1人残していくことになる。イオは「生まれて90年がとこ、この島に住んで、今が一番悩みもねえで、安気な暮らしじゃ」と言い、島を離れるつもりはない。ウミ子は週に1回やってくる定期船で帰ることにした。町役場の鴫さんがミズイカをもってきてくれたとき、イオとソメ子が崖の上でふわりふわりと飛んでいるように見えた。鴫さんは「たぶん、鳥になる練習をやってるんです」と言う。

 死者を火葬にするための木もない小さな島で暮らす、2人の老女の物語。

(文藝春秋 2000円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相の体調不良説に拍車 高級ジム滞在「3時間半」の裏

  2. 2

    コソコソ逃げる安倍首相は、なぜそんなに会見が嫌なのか?

  3. 3

    「重症者数少ない」の落とし穴 4月緊急事態宣言前より深刻

  4. 4

    サザンも山下達郎も参戦 大盛況オンラインライブの銭勘定

  5. 5

    甲子園交流戦は情実てんこ盛り 全生中継するNHKへの疑問

  6. 6

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  7. 7

    国民民主は分裂…玉木氏と行動を共にする衆院議員は3人?

  8. 8

    「半沢直樹」新ステージは“vs東京乾電池”柄本明より注目は

  9. 9

    うがい薬で株価操縦か 吉村府知事にインサイダー疑惑浮上

  10. 10

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

もっと見る