「無菌室 ふたりぽっち」今田俊著

公開日: 更新日:

 朝日新聞で経済記者をしていた僕は、2006年の夏、出先で具合が悪くなり妻に迎えにきてもらう。翌日はめまい。念のため会社の診療所で診てもらうと「白血病の疑いがある」と医師に告げられた。

 病名は急性骨髄性白血病。骨髄中の芽球、いわゆる白血病細胞が73%で骨髄の大部分ががん細胞に侵されていた。すぐに大学病院の無菌室で抗がん剤治療が始まった。

 やがて順調に治療が進み出社した僕は、アエラ編集部のカメラマンのエンドーくんが偶然にも僕と同時期に白血病を発症したことを知る。

 エンドーくんとは面識はなかったが、いてもたってもいられずメールを送り、以後、互いを励みに病と闘う。しかし、その4カ月後、エンドーくんは静かに旅立っていった。

 1年後、僕は白血病が再発。没交渉だった弟がドナーとなり骨髄移植をする。

 2人の治療経過、不安や悔しさなどをつづった闘病記。

(朝日新聞出版 1200円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    飯島直子は自分のアソコに水着の上からポラで割れ目を…

  2. 2

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  3. 3

    安倍政権GW外遊ラッシュ 13閣僚“海外旅行”に血税5億の衝撃

  4. 4

    応援演説にブーイング 杉田水脈議員が「自ら招いた危険」

  5. 5

    池袋を暴走し母娘の命を奪った元通産官僚「記念館」の真偽

  6. 6

    立憲民主“三重苦”で…野党結集へ態度一変した枝野氏の焦り

  7. 7

    吉高「定時で」も視聴率上昇 TBS火曜22時ドラマに“仕掛け”

  8. 8

    写真誌に泥酔姿撮られた…米津玄師の「知られざる私生活」

  9. 9

    理事長は怒り心頭 横綱白鵬「三本締め」けん責処分の意味

  10. 10

    ジャパンライフに一斉捜査 安倍首相“広告塔”の動かぬ証拠

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る