「無菌室 ふたりぽっち」今田俊著

公開日: 更新日:

 朝日新聞で経済記者をしていた僕は、2006年の夏、出先で具合が悪くなり妻に迎えにきてもらう。翌日はめまい。念のため会社の診療所で診てもらうと「白血病の疑いがある」と医師に告げられた。

 病名は急性骨髄性白血病。骨髄中の芽球、いわゆる白血病細胞が73%で骨髄の大部分ががん細胞に侵されていた。すぐに大学病院の無菌室で抗がん剤治療が始まった。

 やがて順調に治療が進み出社した僕は、アエラ編集部のカメラマンのエンドーくんが偶然にも僕と同時期に白血病を発症したことを知る。

 エンドーくんとは面識はなかったが、いてもたってもいられずメールを送り、以後、互いを励みに病と闘う。しかし、その4カ月後、エンドーくんは静かに旅立っていった。

 1年後、僕は白血病が再発。没交渉だった弟がドナーとなり骨髄移植をする。

 2人の治療経過、不安や悔しさなどをつづった闘病記。

(朝日新聞出版 1200円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  2. 2

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  3. 3

    手越祐也 人脈武器に快進撃…ジャニーズ事務所は戦々恐々

  4. 4

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  5. 5

    手越祐也“辞めジャニ”に成功者なれる?赤西仁は10年の時間

  6. 6

    河井夫妻起訴の闇 特捜部1.5億円不問の裏切りで幕引きか

  7. 7

    コロナ3カ月で抗体減 集団免疫とワクチンは“風前の灯火”か

  8. 8

    大野智だけが難色か…嵐「24時間テレビ」不参加の肩すかし

  9. 9

    西村大臣の露骨な“庶民イジメ” 罰則付きでも休業補償なし

  10. 10

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

もっと見る