「世界のすごいお葬式」ケイトリン・ドーティ著 池田真紀子訳

公開日: 更新日:

 ニューヨークやパリといった欧米の大都市の市民は、「死」と口にしただけで「唇をやけどする」が、メキシコ人は死と親しく交際する。メキシコ中部のグアナファトにはミイラ博物館がある。19世紀末には、公営墓地に埋葬されている死体に墓税がかけられていたが、税を徴収できなくなると、埋葬した死体を掘り返して新しい死者を埋葬する。死体は土壌の化学成分と気候の相乗効果でミイラになっているため、状態の良くないものは火葬し、状態のいいミイラは博物館に展示する。この博物館を訪れた作家のレイ・ブラッドベリは、何度も悪夢を見たという。

 アメリカ、インドネシア、スペインなど、さまざまな国の死者の葬り方を紹介する。

(新潮社 1700円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん自死 芸能界「理想と現実」の乖離が背景に?

  2. 2

    竹内結子さん急死に深まる“動機”のナゾ…前日は家族団らん

  3. 3

    竹内結子さん急死の謎 家庭と仕事の両立に金銭的な重圧も

  4. 4

    竹内結子さん突然の訃報で「産後うつだったのか?」の声

  5. 5

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  6. 6

    立憲安住淳氏 国民目線でなければ政権から引きずり降ろす

  7. 7

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  8. 8

    山崎育三郎「エール」に出待ちファン なっちとの私生活は

  9. 9

    芦田愛菜の八面六臂の活躍で実感…子役の果ては女高男低

  10. 10

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

もっと見る

人気キーワード