「世界のすごいお葬式」ケイトリン・ドーティ著 池田真紀子訳

公開日: 更新日:

 ニューヨークやパリといった欧米の大都市の市民は、「死」と口にしただけで「唇をやけどする」が、メキシコ人は死と親しく交際する。メキシコ中部のグアナファトにはミイラ博物館がある。19世紀末には、公営墓地に埋葬されている死体に墓税がかけられていたが、税を徴収できなくなると、埋葬した死体を掘り返して新しい死者を埋葬する。死体は土壌の化学成分と気候の相乗効果でミイラになっているため、状態の良くないものは火葬し、状態のいいミイラは博物館に展示する。この博物館を訪れた作家のレイ・ブラッドベリは、何度も悪夢を見たという。

 アメリカ、インドネシア、スペインなど、さまざまな国の死者の葬り方を紹介する。

(新潮社 1700円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  2. 2

    ジャニーズ退所・錦戸亮の争奪戦に名乗りを上げた大手プロ

  3. 3

    「女子アナ好き」の性癖と合コン主催の太いタニマチ

  4. 4

    相葉が手紙朗読で早くも確約?「嵐」活動再開への温度差

  5. 5

    騒動から3年 いまだ地上波に復帰できない「のん」の現在地

  6. 6

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  7. 7

    日本会議系に統一教会系…安倍新内閣はまるで“カルト内閣”

  8. 8

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  9. 9

    1979年に渡辺プロを独立 森進一が受けた“森潰し”の圧力

  10. 10

    大停電は人災「無電柱化」頓挫の元凶は電力ムラの利権体質

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る