「ロケット・ササキ」大西康之著

公開日: 更新日:

 シャープで電卓開発の指揮を執り、後に「電子工学の父」と呼ばれた佐々木正氏の評伝。

 1915(大正4)年生まれの佐々木は、台湾で育ち、京大に進学して電子工学を専攻。学生時代から逓信省で電話機の開発などに携わり、戦中はレーダーや電波兵器の研究・開発に従事させられる。戦後、GHQに派遣されたアメリカで研修中、ベル研究所で後にノーベル賞を受賞するバーディーン氏らと交流。彼から、開発に成功したばかりのトランジスタの存在を教えられた氏は、帰国後に、他社に先駆けトランジスタの研究を始め、いち早く量産に成功する。

 電子立国・日本の礎を築き、ソフトバンクの孫正義やアップルのジョブズらに影響を与えた偉大な科学者の一生を描く。

(新潮社 520円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5歳未満のコロナウイルス保有量「大人の10~100倍」のナゾ

  2. 2

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  3. 3

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  4. 4

    岩手県初のコロナ感染者に誹謗中傷が…ウソ申告増加の懸念

  5. 5

    裏金作りにキャバクラ接待 鹿島建設は“組”時代と変わらぬ

  6. 6

    和歌山県 仁坂吉伸知事に聞く「和歌山モデル」の全貌

  7. 7

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  8. 8

    左頬の刀傷と眼光…初めて生で見た安藤昇は想像以上の迫力

  9. 9

    嵐、小倉智昭、安藤優子…東京五輪“花道卒業”総崩れの後味

  10. 10

    都会に住むとわからない…地方の“新型コロナ差別”の実態

もっと見る