中島恵(ジャーナリスト)

公開日: 更新日:

5月×日 講演で京都に行ってきた。駅を降りてびっくり。平日だというのに、タクシー乗り場に100メートル以上と思われるほど多くの観光客が並んでいるではないか。運転手さんによると、タクシー乗り場の数が減ったという。これでは観光する前に疲れ果ててしまうだろうと、他人事ながら心配になった。

 アレックス・カー、清野由美著「観光亡国論 」(中央公論新社 820円+税)には、まさしく、今の日本が、このままでは「観光立国」どころか「観光亡国」になってしまうという著者らの危機感や問題意識が描かれていて、とても考えさせられる。私自身も中国人のインバウンド事情をよく取材しているが、中国人富裕層の場合、とくに興味を持っているのは、東京や大阪ではなく地方都市だ。それなのに、本書にあるようなオーバーキャパシティー、マナー、交通、宿泊などで課題が山積していて、なかなか解決されない。このまま本当に東京五輪を迎えられるのだろうか。窮地に立たされるのはいつも現場の人間であり、早急な対策が求められるのではと感じた。

5月×日 話題の映画「キングダム」を見た。日本の漫画が原作だが、舞台は中国春秋戦国時代。出演者も日本人だが、これほど壮大な映画が日本で制作されたことに驚かされた。そんな矢先、斉藤洋著「呉書 三国志」(講談社 1600円+税)を手に取った。こちらは後漢の末期、各地で群雄が割拠するご存じの物語だが、本書は呉にスポットを当てたもの。児童書(小学校高学年向け)だが、「三国志」関係の重厚な書籍にいつも挫折してきた自分には、わかりやすくてちょうどいい。7月に東京国立博物館で開催される「三国志」の特別展を見に行く予定なので、格好の予習になった。

5月×日 出張で大阪に向かう新幹線で、黒木亮著「世界をこの目で」(KADOKAWA 840円+税)を読む。エッセー集は、夢中になって電車を乗り過ごす心配が少ないし、短時間で読むのに最適なので、いつもカバンに入れている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    木下優樹菜“恫喝DM”炎上で謝罪も…夫フジモンへ飛び火確実

  2. 2

    小手伸也さん不倫騒動 マレーシアまで取材する必要ある?

  3. 3

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

  4. 4

    木下優樹菜は“恫喝DM”で窮地に…芸能人にSNSは“諸刃の刃”

  5. 5

    稲村公望氏 日本郵政の迷走は民営化という構造改悪の結果

  6. 6

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  7. 7

    本田翼は“残念な女優”なのに…視聴率は稼げる意外なワケ

  8. 8

    ベスト15にズラリ 海外リーグが付けた日本人選手のお値段

  9. 9

    日韓“オトモダチ”会談 安倍首相と李洛淵氏それぞれの思惑

  10. 10

    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る