「レトロ雑貨 夢見堂の事件綴」又井健太著

公開日: 更新日:

 昭子が働く昭和のレトロ雑貨を扱う夢見堂に、フリーターの裕司が壊れた黒電話の修理を依頼に来た。電話は裕司の父の遺品だった。彼の両親はこの電話機が縁で知り合ったといい、父は「出会いの電話」と呼んでいたという。

 家では、裕司が小学生のときの母の死を機にプッシュホンに切り替えたが、父はよく夜中に酒に酔ってはこの黒電話に向かって亡き母に話しかけていたという。それゆえに裕司もこの電話を処分できずにいたのだ。

 数日後、裕司はバイト先のコンビニに現れた昭子から、「出会いの電話」の秘密が分かったから、今晩11時7分きっかりに店に電話を入れるよう言われる。(「黒電話の神様」)

 昭和の雑貨に秘められたさまざまな謎を解いていく連作ミステリー。

(朝日新聞出版 680円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    稲村公望氏 日本郵政の迷走は民営化という構造改悪の結果

  2. 2

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  3. 3

    IOC“都排除”の札幌変更 小池知事は「酷暑対策」で信用失墜

  4. 4

    沢尻エリカ出演辞退か 浜崎あゆみ「M」ドラマ化が暗礁に

  5. 5

    電波少年で時の人 伊藤高史さん「朋友」から21年年後の今

  6. 6

    スタイルはKoki,以上 静香の長女のフルート演奏を聴いた

  7. 7

    ラグビーW杯で日テレが高笑い 格安放映権で“濡れ手で粟”

  8. 8

    ラグビーW杯悲願の8強 日本が打ち破った伝統国の“差別”

  9. 9

    「コウキに付きっきり」ママ友が明かした工藤静香の“素顔”

  10. 10

    土屋太鳳に吉岡里帆…“嫌われ者”は好かれる先輩に学ぶべし

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る