「レトロ雑貨 夢見堂の事件綴」又井健太著

公開日: 更新日:

 昭子が働く昭和のレトロ雑貨を扱う夢見堂に、フリーターの裕司が壊れた黒電話の修理を依頼に来た。電話は裕司の父の遺品だった。彼の両親はこの電話機が縁で知り合ったといい、父は「出会いの電話」と呼んでいたという。

 家では、裕司が小学生のときの母の死を機にプッシュホンに切り替えたが、父はよく夜中に酒に酔ってはこの黒電話に向かって亡き母に話しかけていたという。それゆえに裕司もこの電話を処分できずにいたのだ。

 数日後、裕司はバイト先のコンビニに現れた昭子から、「出会いの電話」の秘密が分かったから、今晩11時7分きっかりに店に電話を入れるよう言われる。(「黒電話の神様」)

 昭和の雑貨に秘められたさまざまな謎を解いていく連作ミステリー。

(朝日新聞出版 680円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

  2. 2

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  3. 3

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  4. 4

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  5. 5

    焦るトランプ…フロリダ州で負ければ米大統領選はアウト

  6. 6

    東海大野球部“薬物汚染”でドラフト大混乱「指名できない」

  7. 7

    Gドラ1は投手捨て野手に…乗り換えた原監督の不安と不満

  8. 8

    脚本家・三谷幸喜さんが語る“シットコム”への新たな思い

  9. 9

    白石麻衣10.28乃木坂卒業で注目 ソロ活動と恋愛解禁Xデー

  10. 10

    巨人上位候補 天理大148km左腕・森浦&明石商・来田の実力

もっと見る

人気キーワード