「世界まちかど 地政学NEXT」藻谷浩介著

公開日: 更新日:

「この世界はどのように出来上がっているのか」。その答えを求め各都市を訪ね歩くリポート。

 2014年のラオスの首都ビエンチャン。町を流れるメコン川の対岸はタイだ。なぜ首都が面する川が国境線になったのか、そして川をはさんだラオスとタイは何が違うのか。歴史をひもときながら解説。

 暇そうな店先に座る店員たちの姿に、彼らは「食べていく」ことができているのだろうかと思いを巡らせながら町を歩いていると、中国資本による大規模開発プロジェクトの工事現場に出くわす。そんな途上国問題に始まり、レバノンとヨルダンで考える宗教問題、ニューヨークに学ぶ最先端と水面下で進む格差拡大など。105カ国以上を旅してきた著者が世界の今をつづる。

 (文藝春秋 1200円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小手伸也さん不倫騒動 マレーシアまで取材する必要ある?

  2. 2

    木下優樹菜“恫喝DM”炎上で謝罪も…夫フジモンへ飛び火確実

  3. 3

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

  4. 4

    木下優樹菜は“恫喝DM”で窮地に…芸能人にSNSは“諸刃の刃”

  5. 5

    稲村公望氏 日本郵政の迷走は民営化という構造改悪の結果

  6. 6

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  7. 7

    本田翼は“残念な女優”なのに…視聴率は稼げる意外なワケ

  8. 8

    ベスト15にズラリ 海外リーグが付けた日本人選手のお値段

  9. 9

    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

  10. 10

    日韓“オトモダチ”会談 安倍首相と李洛淵氏それぞれの思惑

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る