鎌田慧(ルポライター)

公開日: 更新日:

6月×日 妻を連れて病院にいった。風邪気味ですと言うと、ついでに診てあげましょう、と女医さん。診察券を急拵えしてレントゲンをかけると、肺炎という。入院はしないで抗生物質。

6月×日 抗生物質で快調。午後から起き出して立川の市民講座へ。帰ってきてから寝たっきり。

6月×日 一日横臥。これでは日刊ゲンダイの締め切りに間に合わない。送られてきた色川大吉さんの「イーハトーヴの森で考える」(河出書房新社 1200円+税)を枕元に置く。世界中を回ってきた色川さんも94歳、晩年に宮沢賢治を書こうとするのは、判るような気がする。巻末に賢治の末期の詩の引用。

「あなたの方から見たらずいぶんさんたんたるけしきでせうが
わたしからみえるのは
やっぱりきれいな青空と
すきとほった風ばかりです」

6月×日 一日横臥。咳を堪えている。これも頂いた温又柔さんの「『国語』から旅立って」(新曜社 1300円+税)。台湾出身なのに日本語で小説を書いている若い作家で、とてもこまやかな、のびのびした明快な日本語で、読んでいて気持ちがいい。どうしてなんだろう。それを知りたくてこの本も読んでいる。

6月×日 温又柔さんは3歳の頃、台湾人の両親と日本に来て、家庭内では台湾語と日本語で話し台湾語の繁体字と日本の漢字、ひらがなとカタカナ、ローマ字と英語、そして中国に留学して簡体字を学ぶ。もちろん、中国と台湾の深い溝も感じさせられる。それを軽やかに乗り越える若い知性は、魅力的だ。

6月×日 肺炎を宣告されて20日たったが、咳は止まらず元気がでない。いくつかの約束をキャンセルして、寝誕生日となった。肺炎を克服して社会復帰としたい。

 金貴粉著「在日朝鮮人とハンセン病」(クレイン 2000円+税)。

 最初に知り合ったハンセン病の回復者が、二重に差別されていた在日の国本衛さんだった。本国から強制連行され、日本人以上に過酷な収奪の対象になった朝鮮半島の人たちには、詫びる言葉をもちえない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  3. 3

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  4. 4

    “手越砲”被弾のAKB柏木由紀 アイドル道と強心臓に揺ぎなし

  5. 5

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

  6. 6

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  7. 7

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  8. 8

    死者・重症者が8月急増「9月が怖い」の声と安倍首相の無策

  9. 9

    野党「合流新党」は150人規模の勢力に 分裂期待の自民落胆

  10. 10

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

もっと見る