北上次郎
著者のコラム一覧
北上次郎評論家

1946年、東京都生まれ。明治大学文学部卒。本名は目黒考二。76年、椎名誠を編集長に「本の雑誌」を創刊。ペンネームの北上次郎名で「冒険小説論―近代ヒーロー像100年の変遷」など著作多数。本紙でも「北上次郎のこれが面白極上本だ!」を好評連載中。趣味は競馬。

「死者の国」ジャン=クリストフ・グランジェ著 高野優監訳 伊禮規与美訳

公開日: 更新日:

 2段組みのポケミスで、760ページを超える長編である。これはポケミス史上最長らしいが、意外に読みやすい。それは3~5ページ刻みでどんどん場面が変わっていくからだ。これほど読みやすいミステリーも近年珍しい。主人公は、パリ警視庁犯罪捜査部第一課長のステファン・コルソ。この男が優等生の警察官でないのが、まずいい。少年時代は社会の底辺にいて、それを救ってくれたのが警察官のカトリーヌ。いまの上司だが、一時は男女の仲になったこともある。部下の女性刑事バルバラに見とれたり、敵方の女性弁護士クローディアの誘いを断らなかったり、そのくせミス・ペレーという恋人もいたりする。短気で独断専行で、けっして褒められた警察官ではないが、そこがまたいい。

 パリの路地裏でストリッパーの残忍な死体が発見されるのが事件の発端で、その猟奇殺人の裏に潜む真実を、コルソは調べていくのだが、物語の半分を過ぎたところから始まる裁判劇が、めっぽう読ませる。

 事件そのものが陰湿で、さらには度を越えたSM趣味や、死体愛好など、個人的には近寄りたくない光景が多いので、あまりおすすめするのもなあと思っていると、あのラストにぶち当たる。ここで完全にノックアウト。

 そういえば、なにかヘンだなあと思っていたのだが、このラストで呆然、そして納得。不気味な話は好きではないが、秀逸な構成と深い余韻が素晴らしい。

(早川書房 3000円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    れいわ奇跡の躍進 山本太郎「政権を狙いに行く」の現実味

  2. 2

    「NHKから国民を守る党」まさかの議席獲得…NHKは戦々恐々

  3. 3

    改憲だけは阻止した参院選 与党過半数でも波乱の予兆<上>

  4. 4

    ほぼ「絶対君主」吉本興業・岡本昭彦社長のコワモテ評判

  5. 5

    「俺は基本、嫌いな人とは仕事しませんもん(笑い)」

  6. 6

    2019年参議院選挙で注目 美魔女候補11人の「明と暗」

  7. 7

    諸悪の根源は97年 消費税3%のままならGDPは852兆円だった

  8. 8

    「報道ステーション」後藤謙次には“権力監視”の先頭を期待

  9. 9

    宮迫と亮に暗部暴かれ…吉本は“芸人クーデター”で瓦解寸前

  10. 10

    たとえ自分の議席を失ってもすでに山本太郎は勝っている

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る