「計画結婚」白河三兎著

公開日: 更新日:

 怜美は、豪華客船を借り切った船上ウエディングに出席する。新婦で幼馴染みの静香は、怜美とは対照的に、非の打ちどころのない美貌でスタイルも抜群。一方で孤高を貫き、あまのじゃくの彼女の理解者は怜美だけと言ってもよかった。そんな2人の関係が一時期破綻し、絶交が続いたこともあった。それは怜美と一緒に新婦友人席に座る、美容師の桜田が原因だった。

 一方、同じテーブルの新郎側友人の3人はいずれもバイトの代理出席だった。お色直しの間、甲板に出た高原は代理出席仲間の小暮から眼鏡に仕込んだ盗撮カメラを指摘され、「奴」の仲間かと身構える。実は高原は、ある犯人を捕まえるために身分を隠して潜入した警察官だった。

 出席者それぞれの思惑が交錯しながら進むウエディングミステリー。

(徳間書店 670円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

  2. 2

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  3. 3

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  4. 4

    焦るトランプ…フロリダ州で負ければ米大統領選はアウト

  5. 5

    持続化給付金の不正受給 早急に返金と自首をするべき

  6. 6

    白石麻衣10.28乃木坂卒業で注目 ソロ活動と恋愛解禁Xデー

  7. 7

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  8. 8

    「栄冠は君に輝く」作詞の加賀大介と松井秀喜の意外な縁

  9. 9

    Gドラ1は投手捨て野手に…乗り換えた原監督の不安と不満

  10. 10

    東海大野球部“薬物汚染”でドラフト大混乱「指名できない」

もっと見る

人気キーワード