「計画結婚」白河三兎著

公開日: 更新日:

 怜美は、豪華客船を借り切った船上ウエディングに出席する。新婦で幼馴染みの静香は、怜美とは対照的に、非の打ちどころのない美貌でスタイルも抜群。一方で孤高を貫き、あまのじゃくの彼女の理解者は怜美だけと言ってもよかった。そんな2人の関係が一時期破綻し、絶交が続いたこともあった。それは怜美と一緒に新婦友人席に座る、美容師の桜田が原因だった。

 一方、同じテーブルの新郎側友人の3人はいずれもバイトの代理出席だった。お色直しの間、甲板に出た高原は代理出席仲間の小暮から眼鏡に仕込んだ盗撮カメラを指摘され、「奴」の仲間かと身構える。実は高原は、ある犯人を捕まえるために身分を隠して潜入した警察官だった。

 出席者それぞれの思惑が交錯しながら進むウエディングミステリー。

(徳間書店 670円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    2000万円の退職金が半分以下に減ってしまい家計が苦しい

  2. 2

    台風19号で断水 町の自衛隊給水支援に神奈川県が“待った”

  3. 3

    ラグビーW杯悲願の8強 日本が打ち破った伝統国の“差別”

  4. 4

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  5. 5

    巨人ドラ2位候補で狙う149キロ即戦力“ノーノー左腕”の評価

  6. 6

    スコットランドにはショック…稲垣のトライが生まれた背景

  7. 7

    緊急放流の6ダムで事前放流せず 国交省・自治体に重大責任

  8. 8

    阪神CS出場も鳥谷は…寂しい終幕に球団と指揮官への不信感

  9. 9

    ドラフト一番人気 星稜・奥川を狙う阪神の“嫌われ方”

  10. 10

    セは来季も巨人の独り勝ち濃厚 ライバル5球団に好材料なし

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る