「密室を開ける手」藤本ひとみ著

公開日: 更新日:

 高2の上杉和典は祖父の葬儀の日、クリーニング屋に父の洗濯物を受け取りに行った。店員に、シャツにもズボンにもかなりの血痕があったのでしみ抜きをしたと言われ、ズボンのポケットに入っていたと、長崎行きの航空券を渡された。長崎には祖父の実家があるが、母は「長崎にいるのよ、パパの女」と冷ややかに言う。

 祖父は2年ほど前から入院していたのだが、父が長崎に行き始めたのはそのころからだった。和典が祖母にいろいろ尋ねていると、祖母は祖父の日記を渡し、気になっていることがあるので、自分の代わりに読んでほしいと言う。その日記はページが1枚切り取られていた。

 医大志望の少年が亡き祖父の心の闇に迫るミステリー。

(講談社 1400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桑子と和久田 NHK朝夜メインキャスター異例トレードの成果

  2. 2

    やはり本命の彼女は…櫻井ファンがザワついた衝撃の“逸話”

  3. 3

    4月からTBSアナ 野村萬斎の娘を待ち受けるお局軍団の洗礼

  4. 4

    与野党の医師議員が“アベノマスクの乱” 政権の愚策に決起

  5. 5

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  6. 6

    志村けんさん「芸人運」にかき消された女性運と運命の相手

  7. 7

    コロナ対策の休業補償 あからさまな夜職差別に批判殺到

  8. 8

    加藤綾子リストラ危機…視聴率低迷と交際発覚のWパンチ

  9. 9

    二宮夫人を悩ます 嵐の“活動休止延長”と羽田新飛行ルート

  10. 10

    体重60キロ説まで…日テレ水卜アナを襲う“リバウンド地獄”

もっと見る