「密室を開ける手」藤本ひとみ著

公開日: 更新日:

 高2の上杉和典は祖父の葬儀の日、クリーニング屋に父の洗濯物を受け取りに行った。店員に、シャツにもズボンにもかなりの血痕があったのでしみ抜きをしたと言われ、ズボンのポケットに入っていたと、長崎行きの航空券を渡された。長崎には祖父の実家があるが、母は「長崎にいるのよ、パパの女」と冷ややかに言う。

 祖父は2年ほど前から入院していたのだが、父が長崎に行き始めたのはそのころからだった。和典が祖母にいろいろ尋ねていると、祖母は祖父の日記を渡し、気になっていることがあるので、自分の代わりに読んでほしいと言う。その日記はページが1枚切り取られていた。

 医大志望の少年が亡き祖父の心の闇に迫るミステリー。

(講談社 1400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日本人の「知性低下」を露呈した東京五輪…政治家も官僚も私利私欲に走る

  2. 2

    山崎育三郎“離婚”に高い壁 安倍なつみ復帰でざわつくメディア、本当の異変は?

  3. 3

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  4. 4

    実は計算づくだった? 石橋貴明と鈴木保奈美の「離婚発表」が7月になったワケ

  5. 5

    眞子さまの結婚問題に揺れる秋篠宮家 当初は小室圭さんを絶賛された紀子さまに起きた変化

  6. 6

    菅首相がファイザーCEOを国賓級おもてなし ワクチン枯渇“土下座交渉”も思惑また外れ…

  7. 7

    菅首相の五輪強行がトドメか?衆院選まさかの「自公過半数割れ」に現実味

  8. 8

    小山田圭吾が一生涯背負う“十字架”と本当の謝罪 障害者の父親は「謝っても許されない」と強い憤り

  9. 9

    安倍前首相の五輪開会式トンズラ…「逃げた」「無責任の極み」と大ブーイング

  10. 10

    五輪スタッフ、メディア関係者に「インチキ陰性判定」乱発か?検査スリ抜けこんなに簡単

もっと見る

人気キーワード