「許されようとは思いません」芦沢央著

公開日: 更新日:

 諒一は、恋人の水絵とともに祖母の納骨のために母の故郷に向かう。水絵が結婚を望んでいることは分かっているが、諒一には躊躇してしまう理由があった。亡き祖母は殺人犯だったのだ。事情を知っても水絵の気持ちは変わらなかったが、諒一は結婚に二の足を踏んでしまう。そもそも祖母も祖父と結婚しなければ殺人犯になることはなかったからだ。最寄り駅に到着するが、待ち合わせしていた母が現れない。寂れた駅前にはタクシーもなく、寺に向かうためバスに乗った諒一は、乗客の詮索するような視線を感じ、いたたまれない。(表題作)

 その他、仕事上のミスをごまかそうとして次第に窮地に陥る会社員など、ラストのどんでん返しが冴えるミステリー集。

 (新潮社 550円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  2. 2

    “タブー”だった事務所移籍 安室奈美恵はなぜ成功したのか

  3. 3

    大野智は謝罪…新生ジャニーズはタレントの恋愛問題にどう対応

  4. 4

    1ドル130円の円安地獄がまねく狂乱物価で庶民の懐は火の車

  5. 5

    「出欠の返事ない人は椅子と食事持参で」の招待状が大ウケ

  6. 6

    あざとい“方言パフォーマンス”に透けて見える自信のなさ

  7. 7

    東京五輪男子マラソン“第3の男” 大迫と設楽は今後どう動く

  8. 8

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  9. 9

    東京五輪マラソン“最後の1枠”を決めるMGCはこんなに不公平

  10. 10

    二宮は3億円豪邸で事実婚 ジャニーズ“結婚ラッシュ”突入か

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る