「許されようとは思いません」芦沢央著

公開日: 更新日:

 諒一は、恋人の水絵とともに祖母の納骨のために母の故郷に向かう。水絵が結婚を望んでいることは分かっているが、諒一には躊躇してしまう理由があった。亡き祖母は殺人犯だったのだ。事情を知っても水絵の気持ちは変わらなかったが、諒一は結婚に二の足を踏んでしまう。そもそも祖母も祖父と結婚しなければ殺人犯になることはなかったからだ。最寄り駅に到着するが、待ち合わせしていた母が現れない。寂れた駅前にはタクシーもなく、寺に向かうためバスに乗った諒一は、乗客の詮索するような視線を感じ、いたたまれない。(表題作)

 その他、仕事上のミスをごまかそうとして次第に窮地に陥る会社員など、ラストのどんでん返しが冴えるミステリー集。

 (新潮社 550円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山崎育三郎「エール」に出待ちファン なっちとの私生活は

  2. 2

    竹内結子さん急死に深まる“動機”のナゾ…前日は家族団らん

  3. 3

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  4. 4

    竹内結子さん突然の訃報で「産後うつだったのか?」の声

  5. 5

    ジャニーズ退所を加速させた「演出家・錦織一清」の名声

  6. 6

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  7. 7

    志村けんさん25話ぶり登場 山田耕筰と山根銀二の戦犯論争

  8. 8

    芦田愛菜の八面六臂の活躍で実感…子役の果ては女高男低

  9. 9

    辞め時は「64歳11カ月」少しでもおトクな退職法をおさらい

  10. 10

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

もっと見る

人気キーワード