「リハビリ」長谷川幹著

公開日: 更新日:

 リハビリテーションは、単に身体的な障害の回復だけでなく、患者の人生全体の回復に関わる。40年以上の経験を持つリハビリ医が豊富な事例を交えながら、そのリハビリテーションの実際を解説した医療テキスト。

 リハビリの対象になる疾患は脳損傷が一番多く、骨関節疾患、神経難病、生活不活発病(廃用症候群)と続く。脳卒中や脳外傷、低酸素脳症など各症状の概要を紹介。

 バイク事故の脳外傷でほぼ寝たきりの全介助状態だった青年が、電動車いすで外出する練習を始めたり、腕の骨折を機に歩行も困難になった100歳の女性が介助なしでトイレに行けるようになった例などを挙げながら、患者が持っている力を「みずから引き出す」リハビリについて語る。

 (岩波書店 820円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    3.30「緊急事態宣言」発令で描く 国会休会の仰天シナリオ

  2. 2

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  3. 3

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  4. 4

    4月からTBSアナ 野村萬斎の娘を待ち受けるお局軍団の洗礼

  5. 5

    佐藤健「恋つづ」“キュン攻め”LINE人気に見えた新たな鉱脈

  6. 6

    昭恵夫人が“桜を見る会” 花見自粛要請中に私的開催の仰天

  7. 7

    可能性のドア解放 氷川きよしは自分の性分をさらけ出す

  8. 8

    小泉今日子が「あいまいな自粛要請」で踏み切った舞台現場

  9. 9

    中小企業を襲う“コロナ倒産ドミノ” 5月GWがタイムリミット

  10. 10

    不織布マスクのストックが…正しい「使い回し方」を知る

もっと見る