「リハビリ」長谷川幹著

公開日: 更新日:

 リハビリテーションは、単に身体的な障害の回復だけでなく、患者の人生全体の回復に関わる。40年以上の経験を持つリハビリ医が豊富な事例を交えながら、そのリハビリテーションの実際を解説した医療テキスト。

 リハビリの対象になる疾患は脳損傷が一番多く、骨関節疾患、神経難病、生活不活発病(廃用症候群)と続く。脳卒中や脳外傷、低酸素脳症など各症状の概要を紹介。

 バイク事故の脳外傷でほぼ寝たきりの全介助状態だった青年が、電動車いすで外出する練習を始めたり、腕の骨折を機に歩行も困難になった100歳の女性が介助なしでトイレに行けるようになった例などを挙げながら、患者が持っている力を「みずから引き出す」リハビリについて語る。

 (岩波書店 820円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日ハム栗山監督にファンが退任勧告も…後任不在の痛し痒し

  2. 2

    森七菜「移籍騒動」の代償…勢い急失速で連ドラ出演ゼロに

  3. 3

    玉木宏だからハマッた?「桜の塔」2ケタ視聴率キープの謎

  4. 4

    小池知事 いよいよ「五輪撤収、責任回避モード」に突入か

  5. 5

    山下智久「ドラゴン桜」再出演を阻む“3つのアクシデント”

  6. 6

    パ混乱の“日ハムクラスター”…球団や栗山監督に不信感増幅

  7. 7

    今からもらえる給付金・補助金 こんなに申請受け付け中!

  8. 8

    “親分の孫”野球エリート元慶大生 給付金詐欺で逮捕後の今

  9. 9

    今ごろインドを変異株指定…呑気な水際強化が招く次の恐怖

  10. 10

    安倍晋三がなぜ?「菅首相が継続すべき」発言“真の狙い”

もっと見る

人気キーワード