出張後の第一声「やれやれ」で妻の機嫌が良くなる!?

公開日: 更新日:

 人の心を掴む話し方を身に付けることができれば、仕事も人間関係もうまくいく。そのために必要なのが、難しい言い回しなどではなく、もっと基本的な“語感”を理解することだと教えてくれるのが、黒川伊保子著「ことばのトリセツ」(集英社インターナショナル 780円+税)である。著者は人工知能研究者であり、28年にわたり「語感分析」を行ってきた。本書にはその成果が分かりやすく、実践的にまとめられている。

 例えば、モテたい男性なら、「ヤ行音」を意識して使うといい。これは、「イ」を基音にした二重母音であり、「イア」を一拍で発音すると「ヤ」に、「イウ」は「ユ」に、「イオ」は「ヨ」になる。そしていずれも、舌に強い緊張を走らせる「イ」からの変化。つまり、「ヤ」なら「イ」の緊張が解けて、優しく「ア」と解放されるため、緊張と緩和の体感を生み出しやすいのだ。

 さらに、二重母音は発音準備から音の発現までに時間がかかる音でもあるため、聞いた相手に長い時間を感じさせる効果もある。そこで男性は、出張から帰ってきたとき、妻や恋人に向かって「やれやれ」と言ってみよう。すると女性は、「出張先では大変なことがあったけれど、やっと君の元へ帰ってこられたよ」という深く優しいニュアンスを感じてくれる。

 デートに遅れたときにも「仕事が終わらなくてさぁ」などという言い訳は無用。「やっと来られた」「ようやく会えた」などヤ行音を駆使すれば、女心は解かれるはずだ。

 他にも、相手と親密になりたいなら「あ~、そうだね」「お、そうきたか」など相づちに「アイウエオ」を入れると効果的など、さまざまな場面での“ことばづかい”の極意が満載だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  2. 2

    韓国が切り札で反撃 安倍首相の嘘が招いた“東京五輪潰し”

  3. 3

    未浄化下水広がる“肥溜めトライアスロン”に選手は戦々恐々

  4. 4

    兵庫・明石商監督に聞いた データ分析のチーム強化の労苦

  5. 5

    舘ひろし氏「太平洋戦争はエリートが犯した失敗の宝庫」

  6. 6

    靖国参拝で改めて認識 進次郎氏の軽薄さとメディアの劣化

  7. 7

    引きこもりだった大学生が「しょぼい喫茶店」を始めるまで

  8. 8

    北朝鮮ミサイル発射を傍観するトランプ大統領“本当の狙い”

  9. 9

    セレブ子弟集まる青学初等部に残る“ボスママ戦争”の後遺症

  10. 10

    香取慎吾の出演を認めさせた 萩本欽一&ジャニー社長の絆

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る