「京都詩人傳 一九六〇年代詩漂流記」正津勉著

公開日: 更新日:

 1964年4月、同志社大学に入学した著者が出会ったのが、5歳上で2学年上の清水昶。詩人、清水哲男の弟だ。昶の影響で、谷川雁を入り口に現代詩に触れる。

 時あたかも吉増剛造、天沢退二郎、鈴木志郎康らの「60年代詩人」たちが群雄割拠していた。しかしそれはあくまでも「首都のニュース」で、著者が暮らしていた京都の詩の世界はそうした動きとは違う独特の詩的交友圏――著者が名付けるところの「閉鎖京都系」があった。本書は著者と交友のあった詩人たちを取り上げ、60年代の閉鎖京都系の詩的世界を概観したもの。

 登場するのは、天野忠、大野新、角田清文、清水哲男、清水昶の5人。彼らをつなぐ京都の詩の要衝が街の小さな印刷屋、双林プリントだ。主人の山前實治は戦前に天野忠らと同人雑誌を発行するなど京都詩壇のはじまりに位置する詩人で、関西の詩人の作品を数多く刊行した。その双林プリントを中核に、5人の詩人の履歴を追いながら、閉鎖京都系独自の詩が生まれる経緯が説かれていく。

 清水哲男を除く4人が鬼籍に入っている。彼らへの弔歌であると同時に、著者自身の60年代への鎮魂歌にも思える。

(アーツアンドクラフツ2000円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    朝ドラ熱演好評…三浦貴大“日本のマット・デイモン”の異名

  2. 2

    安倍政権批判封じ“SNS規制”完全裏目 ネット世論が返り討ち

  3. 3

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  4. 4

    木村花さん死去「テラハ」敏腕プロデューサーM女史の評判

  5. 5

    テラハ木村花さん死去 フジテレビにのしかかる3つの大問題

  6. 6

    コロナ禍で暴力団のシノギも壊滅 上層部が今叫ぶべきは?

  7. 7

    NEWS手越の厳罰断行 円満退社で一致も滝沢氏の苦しい胸中

  8. 8

    増える芸能人の政治的発言 背景に“CM依存体質”からの脱却

  9. 9

    殴られ踏みつけられ…ビートたけしを激撮したカメラマン魂

  10. 10

    安倍首相がG7で批判逃れ 帰国後に隔離生活で“雲隠れ”画策

もっと見る