「20 誤判対策室」石川智健著

公開日: 更新日:

 裁判官訴追委員会の下部組織、誤判対策室は、死刑囚の再審請求を精査して冤罪がないか探るための組織だ。そこに所属する刑事、有馬英治は三ノ輪署に向かった。殺人事件で自首した紺野真司が突然、否認に転じ、有馬以外にはしゃべらないと言いだしたからだ。

 元裁判官という紺野は有馬に、ゲームをしようと持ちかけた。有馬が紺野を起訴まで持ち込めれば、紺野は刑に服す。だが、起訴できなかったら、有馬の娘、詩織を殺す、と言う。

 紺野は有馬が婚姻外につくった娘、詩織の住まいや日常生活を調べあげていた。その後、詩織から連絡があった。彼女のスマートフォンには「有馬英治 ゲームは始まっている」と書かれた紙が刃物で突き刺された画像が写っていた。

 娘と孫の死の真相を探るため、殺人犯が刑事に仕掛けたゲームの謎を解く。

 (講談社 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小手伸也さん不倫騒動 マレーシアまで取材する必要ある?

  2. 2

    木下優樹菜“恫喝DM”炎上で謝罪も…夫フジモンへ飛び火確実

  3. 3

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

  4. 4

    木下優樹菜は“恫喝DM”で窮地に…芸能人にSNSは“諸刃の刃”

  5. 5

    稲村公望氏 日本郵政の迷走は民営化という構造改悪の結果

  6. 6

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  7. 7

    本田翼は“残念な女優”なのに…視聴率は稼げる意外なワケ

  8. 8

    ベスト15にズラリ 海外リーグが付けた日本人選手のお値段

  9. 9

    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

  10. 10

    日韓“オトモダチ”会談 安倍首相と李洛淵氏それぞれの思惑

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る