「20 誤判対策室」石川智健著

公開日: 更新日:

 裁判官訴追委員会の下部組織、誤判対策室は、死刑囚の再審請求を精査して冤罪がないか探るための組織だ。そこに所属する刑事、有馬英治は三ノ輪署に向かった。殺人事件で自首した紺野真司が突然、否認に転じ、有馬以外にはしゃべらないと言いだしたからだ。

 元裁判官という紺野は有馬に、ゲームをしようと持ちかけた。有馬が紺野を起訴まで持ち込めれば、紺野は刑に服す。だが、起訴できなかったら、有馬の娘、詩織を殺す、と言う。

 紺野は有馬が婚姻外につくった娘、詩織の住まいや日常生活を調べあげていた。その後、詩織から連絡があった。彼女のスマートフォンには「有馬英治 ゲームは始まっている」と書かれた紙が刃物で突き刺された画像が写っていた。

 娘と孫の死の真相を探るため、殺人犯が刑事に仕掛けたゲームの謎を解く。

 (講談社 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

  2. 2

    「赤い公園」津野米咲さんが29歳で急死 SMAPにも楽曲提供

  3. 3

    DeNA梶谷が逆転満塁弾 FA“隠れ1番人気”巨人に猛アピールか

  4. 4

    何が「未来志向」だ! 学術会議が菅政権に下す反撃の一手

  5. 5

    村山由佳「風は西から」にはワタミの真実が描かれている

  6. 6

    東海大野球部「大麻使用」で激震 巨人原監督に再建託すSOS

  7. 7

    ラミ監督はクビ同然…DeNAは“ハマの番長”で巨人に勝てるか

  8. 8

    中野雅至氏 菅政権の小さな政府路線と1億総ゴマカシの限界

  9. 9

    石原さとみ東大卒夫は年収5000万円!商売と夫婦円満に重要

  10. 10

    近大・佐藤は抽選確実 クジ運ない巨人が選んだ“外れ1位”は

もっと見る

人気キーワード