「最強の体調管理」熊本悦明著

公開日: 更新日:

 男の40代、50代といえば働き盛りの年代だが、同時に体力や気力の衰えを感じることも増える。そして、中高年になればそんなこともあるだろうと、年のせいにしてしまいがちだ。

 しかし、これは男性ホルモンであるテストステロンの不足が原因である場合が多く、増やす生活習慣を身に付けることで、心身の不調が驚くほど解消されるケースがあるという。

 男性ホルモンの減少はメンタルや性機能に悪影響を及ぼすだけでなく、血管障害も招きやすくなる。男性ホルモンには血管保護作用があり、血管をしなやかに丈夫に保つ役割も果たしている。健康そうに見えていた働き盛りの男性が、心筋梗塞や脳梗塞で突然亡くなるというケースが散見されるが、これは男性ホルモン減少による血管の老化が原因のひとつだと本書は警告している。

 生活習慣のひと工夫で、男性ホルモンを増やすことは可能だ。例えば、肉、ニンニク、タマネギを意識して食べること。男性ホルモンの原料はコレステロールであり、最低でも肉を1日100グラムは取るようにしたい。

 ニンニクやタマネギに含まれる硫黄化合物も有効で、特にニンニクは食べた直後から血中男性ホルモン値が5pg/ml上昇するという検査結果もあるほどだ。

 他にも、少なくとも7時間睡眠を心がけることや筋トレ、42度の湯に10分漬かるなどの方法も有効だという。

 メンズヘルス外来などでは、血液検査によって男性ホルモン値を調べることができる。値が著しく低い場合は、注射などによる補填療法を受けることも可能だ。

(ダイヤモンド社 1400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    島根・丸山知事は東京でも堂々90分超 これぞザ・記者会見

  2. 2

    血税の官房機密費で返納か? 渦中の山田広報官に怨嗟の声

  3. 3

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  4. 4

    “鉄壁ガースー”どこが?東北新社「わからない」のテキトー

  5. 5

    菅首相長男らの違法接待で深まる謎…東北新社の正体とは?

  6. 6

    高須院長の弁明 驚くほど愚かな人たちによる愚かな出来事

  7. 7

    コワモテ菅長男は陽キャ…令和おじさんモノマネが鉄板ネタ

  8. 8

    山田広報官バブリーな感覚 “ごっつぁん体質”でワイン好き

  9. 9

    貴乃花“流浪の父親”の現在地 長男&元妻との決裂は決定的か

  10. 10

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

もっと見る

人気キーワード