「最強の体調管理」熊本悦明著

公開日: 更新日:

 男の40代、50代といえば働き盛りの年代だが、同時に体力や気力の衰えを感じることも増える。そして、中高年になればそんなこともあるだろうと、年のせいにしてしまいがちだ。

 しかし、これは男性ホルモンであるテストステロンの不足が原因である場合が多く、増やす生活習慣を身に付けることで、心身の不調が驚くほど解消されるケースがあるという。

 男性ホルモンの減少はメンタルや性機能に悪影響を及ぼすだけでなく、血管障害も招きやすくなる。男性ホルモンには血管保護作用があり、血管をしなやかに丈夫に保つ役割も果たしている。健康そうに見えていた働き盛りの男性が、心筋梗塞や脳梗塞で突然亡くなるというケースが散見されるが、これは男性ホルモン減少による血管の老化が原因のひとつだと本書は警告している。

 生活習慣のひと工夫で、男性ホルモンを増やすことは可能だ。例えば、肉、ニンニク、タマネギを意識して食べること。男性ホルモンの原料はコレステロールであり、最低でも肉を1日100グラムは取るようにしたい。

 ニンニクやタマネギに含まれる硫黄化合物も有効で、特にニンニクは食べた直後から血中男性ホルモン値が5pg/ml上昇するという検査結果もあるほどだ。

 他にも、少なくとも7時間睡眠を心がけることや筋トレ、42度の湯に10分漬かるなどの方法も有効だという。

 メンズヘルス外来などでは、血液検査によって男性ホルモン値を調べることができる。値が著しく低い場合は、注射などによる補填療法を受けることも可能だ。

(ダイヤモンド社 1400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  2. 2

    「コロナ感染ウソ」で露呈 JYJジェジュンの非常識と幼稚さ

  3. 3

    コロナで六本木は閑古鳥…飲食店経営者を救ったISSAの一言

  4. 4

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  5. 5

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  6. 6

    救いの女神か? コロナ禍を伝える渡辺直美の優しい発信力

  7. 7

    コロナ陽性ゼロでも…大阪・飛田新地が全店休業に至るまで

  8. 8

    公務員はコロナ禍で収入が減る民間に合わせる気はないのか

  9. 9

    自粛要請も海外旅行→コロナ感染→卒業式出席の呆れた行動

  10. 10

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

もっと見る