日本人の祖先は黒潮を横断して上陸?

公開日: 更新日:

 アフリカで誕生したホモ・サピエンスは、およそ10万年前にはアフリカから出て、ユーラシア大陸全土へと拡散したといわれている。では、私たちの祖先が日本にたどり着いたのはいつで、どんな手段を使っての旅だったのだろうか。

 その謎に迫る渾身のドキュメントが、NHKクローズアップ現代+制作班著「3万年前の航海の謎を解く」(徳間書店 1800円+税)である。国立科学博物館の海部陽介博士をリーダーとするプロジェクトを3年にわたって密着取材し、祖先たちの旅の全貌に迫っている。

 海部博士のプロジェクトが明らかにしようとしたのは、ホモ・サピエンスがどのような舟と技術を使っていたのかだ。日本では3万年前の遺跡からホモ・サピエンスの化石が現れ始めることから、この頃に大陸から海を渡ってきたのではないかと考えられるという。

 しかし、ここで生まれるのが移動ルートの謎。DNAなどの分析からそのルートは3つと考えられており、まず北方ルートは大陸と陸続きだったため歩いてやってくることが可能だ。もうひとつは朝鮮半島からの対馬ルートだが、対岸が見える距離の航海であるため比較的容易だったと考えられる。

 最大の謎が沖縄ルートだ。大陸と陸続きだったという説は現在では覆されており、大陸と沖縄の間は広大な海で隔てられていたとされている。ならば3万年前、世界でもっとも速い海流のひとつである黒潮を横断するという高度な航海を、祖先たちはどうやってやってのけたのか。

 与那国島に自生するヒメガマという草を使った舟で古代の大航海を再現するなど、困難続きの実験もつぶさに紹介する本書。私たちの祖先の秘密に、一歩近づけるかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  2. 2

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  3. 3

    志村けんさん「笑いの美学」鉄道員で共演の高倉健も惚れた

  4. 4

    藤浪トレード急加速 コロナ感染契機に他球団が再調査開始

  5. 5

    立川志らくをバッサリ…“毒舌の先輩”たけしの批判に説得力

  6. 6

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  7. 7

    東出昌大“緊急生謝罪”の裏に…長澤まさみの「重い一言」

  8. 8

    月25万円の年金生活 2万円で大好きな遺跡や寺社仏閣巡り

  9. 9

    志村けんさん 泥酔記者に愛の一喝「話をちゃんと聞け!」

  10. 10

    ビック3とは一線 志村けんさんが貫いたコメディアン人生

もっと見る