「したたかな植物たち 秋冬篇」多田多恵子著

公開日: 更新日:

 中国伝来の彼岸花は、有性生殖が出来ない系統のため球根が分かれて繁殖。当然、移動能力がないので、各地に見られる現在の状況は、かつて人が積極的に移植した結果だという。

 実は彼岸花は人々の暮らしに寄り添う大切な有用植物で、最大の用途は飢饉に備えた救荒植物だったそうだ。ただし毒がありそのままでは食べられず、精製しなければならなかった。また彼岸花がよくあぜや土手に植えられるのは、増水などで球根が浮くと根が縮んで引っ張り込む「牽引根」で、球根があぜや土手の土留めの役割を果たしたからだという。

 他にも、踏まれることで生活圏を広げるオオバコや、性転換するカエデなど、13種の植物のサバイバル術に感嘆。

 植物の驚異の生存戦略を紹介する科学エッセー。

 (筑摩書房 950円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  2. 2

    年金生活者の確定申告 面倒くさがらずにやれば還付3万円超

  3. 3

    忖度なしの外資系が…ANAホテル沈黙は安倍自民の口封じか

  4. 4

    嵐に深刻ファン離れ…ナゾの「256動画」も盛り上がらず

  5. 5

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  6. 6

    嵐ファン真っ青…北京公演中止に続き21年結婚ラッシュ突入

  7. 7

    飯豊まりえに“ミタゾノの呪い” 過去のヒロインは引退沙汰

  8. 8

    ノートのコピーが自らの首を締め…功名心に負けた阪神時代

  9. 9

    嵐・櫻井翔の“秘密情報”ダダ漏れ裏に熱狂「裏アカ」の存在

  10. 10

    初めて歩いた瞬間のビデオ…赤の他人から返されビックリ!

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る