「したたかな植物たち 秋冬篇」多田多恵子著

公開日: 更新日:

 中国伝来の彼岸花は、有性生殖が出来ない系統のため球根が分かれて繁殖。当然、移動能力がないので、各地に見られる現在の状況は、かつて人が積極的に移植した結果だという。

 実は彼岸花は人々の暮らしに寄り添う大切な有用植物で、最大の用途は飢饉に備えた救荒植物だったそうだ。ただし毒がありそのままでは食べられず、精製しなければならなかった。また彼岸花がよくあぜや土手に植えられるのは、増水などで球根が浮くと根が縮んで引っ張り込む「牽引根」で、球根があぜや土手の土留めの役割を果たしたからだという。

 他にも、踏まれることで生活圏を広げるオオバコや、性転換するカエデなど、13種の植物のサバイバル術に感嘆。

 植物の驚異の生存戦略を紹介する科学エッセー。

 (筑摩書房 950円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  2. 2

    元ギャングに顔面の入れ墨…「消さずに生きていく」の真意

  3. 3

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  4. 4

    五輪ありきの重点措置“乱発”の姑息…関西5府県は壊滅状態

  5. 5

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  6. 6

    プロに任せるは“カモネギ”状態 買ってはいけない投資商品

  7. 7

    羽鳥慎一高笑い?川島明「ラヴィット」はクセがなさすぎる

  8. 8

    松山英樹Vの“神風”生かせず…「ラヴィット!」に失望の声

  9. 9

    吉村知事がドヤ顔の大阪市「見回り隊」 成果はピント外れ

  10. 10

    台湾脱線事故で日本の鉄道関係者に衝撃が走ったワケ

もっと見る

人気キーワード