「溺れるものと救われるもの」プリーモ・レーヴィ著 竹山博英訳

公開日: 更新日:

 アウシュビッツ強制収容所の生き残りの著者が、40年の歳月を経て改めてアウシュビッツとは何だったのかを自らと世に問う思索の書。

 歳月による記憶の風化を恐れる氏は、残虐な行為を行った抑圧者たちが不都合な記憶を歪曲し、罪の意識を軽くしていると指摘。同じように犠牲者や遺族にも記憶の風化や歪曲が生じているという。

 一方で、収容所内は何の希望もない多くの囚人とともに、ナチに協力することで生き残りを求めた囚人が存在する複雑な社会で、生き残ったのはそんな灰色の領域の囚人が圧倒的に多かったと明かす。彼らを糾弾するのではなく、そうした状況を強いた者を告発し、残虐な行為を行った者も我々と同じ人間だったことを自戒を込めて説く。

(朝日新聞出版 840円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  2. 2

    福原愛にも不倫報道!徹子の部屋での異変と台湾の家庭事情

  3. 3

    小池知事“菅攻撃”画策不発でブチ切れ!宣言延長も政争の具

  4. 4

    福田元首相秘書が懸念「国会でモラルハザード起きている」

  5. 5

    “里帰り不倫”福原愛はシンママに勝機 モラハラ夫に同情票

  6. 6

    ボランティア辞退に意向確認 もはや東京五輪は“真っ黒”だ

  7. 7

    NEWS加藤の吉川英治新人賞は本物 一芸ジャニーズ台頭なぜ

  8. 8

    これぞ教育!帽子を脱がない校則違反の男子生徒に校長は…

  9. 9

    拘束プレー用の足枷を放置 ある日彼の母親が家に来て…

  10. 10

    英中部 絶壁の縁にテント張り「脳死状態」と罵られた家族

もっと見る

人気キーワード