「溺れるものと救われるもの」プリーモ・レーヴィ著 竹山博英訳

公開日: 更新日:

 アウシュビッツ強制収容所の生き残りの著者が、40年の歳月を経て改めてアウシュビッツとは何だったのかを自らと世に問う思索の書。

 歳月による記憶の風化を恐れる氏は、残虐な行為を行った抑圧者たちが不都合な記憶を歪曲し、罪の意識を軽くしていると指摘。同じように犠牲者や遺族にも記憶の風化や歪曲が生じているという。

 一方で、収容所内は何の希望もない多くの囚人とともに、ナチに協力することで生き残りを求めた囚人が存在する複雑な社会で、生き残ったのはそんな灰色の領域の囚人が圧倒的に多かったと明かす。彼らを糾弾するのではなく、そうした状況を強いた者を告発し、残虐な行為を行った者も我々と同じ人間だったことを自戒を込めて説く。

(朝日新聞出版 840円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  2. 2

    少なすぎる新型コロナ検査数…安倍政権“陽性隠し”の言い訳

  3. 3

    娘の誕生日ケーキ代を払ってくれた謎の女性の伝言に号泣!

  4. 4

    白井聡氏 75年前の失敗のツケを我々の手で清算しなければ

  5. 5

    再雇用中の64歳 大病などがなかったのに退職金が漸減した

  6. 6

    どケチ政権が! コロナ対策費に志位委員長「小さすぎる」

  7. 7

    安倍首相が疑惑の大手IT社長と会食で「世論操作か」の声

  8. 8

    中居正広「気持ち尊重」発言の意味…退所の真相はリストラ

  9. 9

    青木理氏「無知」と「無恥」に蝕まれる憲政史上最愚の政権

  10. 10

    中居正広を支える華麗なる人脈 “ぼっち独立”も明るい未来

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る