北上次郎
著者のコラム一覧
北上次郎評論家

1946年、東京都生まれ。明治大学文学部卒。本名は目黒考二。76年、椎名誠を編集長に「本の雑誌」を創刊。ペンネームの北上次郎名で「冒険小説論―近代ヒーロー像100年の変遷」など著作多数。本紙でも「北上次郎のこれが面白極上本だ!」を好評連載中。趣味は競馬。

「生物学探偵 セオ・クレイ 街の狩人」アンドリュー・メイン著、唐木田みゆき訳

公開日: 更新日:

 9年前に失踪した息子の事件を調べてほしい、とセオ・クレイが依頼されるところから始まる物語だ。依頼者はもう息子の生存を諦めている。なにしろ失踪してから10年近くたっているのだ。しかし、やっぱりこのままでは気がすまない。息子をさらった男を捕まえたいと、セオ・クレイを訪ねてくる。

 こうしてセオ・クレイは調査を始めていくが、連続殺人鬼を徐々にあぶりだしていく怒涛の追跡が圧巻で、あれよあれよと一気読み。第1作「森の捕食者」に続く第2作だが、今回も堪能できる。

 この名探偵は殺人事件が発覚していないのに先に死体を発見してしまうほど鋭い推理力の持ち主なのだが、悩みもあって、それは推理があまりに鋭すぎるので警察が信用してくれないこと。それはそうだろう。まだ殺人事件があったかどうかわからないのに、先に死体を掘り出してしまうのだ。このあたりに埋まっているはずだと予言すると、本当に死体が現れるから、これでは、おまえが犯人だろと疑われても仕方がない。

 今回の敵は連続殺人鬼で、闇にひそむそのシリアルキラーの存在を指摘しても、警察がなかなか信用してくれないが、前作とは違って今度は訳がありそうだ。その警察の事情とは何なのかを書いてしまうとネタばらしになるので、前作とは少しだけ異なると書くにとどめておく。前作と共通しているのは今回もスリル満点で面白いことだ。

 (早川書房 940円+税)

【連載】北上次郎のこれが面白極上本だ!

最新のBOOKS記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    弟子の稽古より“政治活動”にご執心だった…“パリピ”白鵬の指導熱心はどこまで持つのか

    弟子の稽古より“政治活動”にご執心だった…“パリピ”白鵬の指導熱心はどこまで持つのか

  2. 2
    ニデック(下)カリスマ経営者が自動車メーカーのEVシフトを読み違えて大きく躓いた

    ニデック(下)カリスマ経営者が自動車メーカーのEVシフトを読み違えて大きく躓いた

  3. 3
    小池都知事「学歴詐称疑惑」再燃 衆院東京15区補選“アウト”…「女帝」頼みの岸田首相も打つ手なし

    小池都知事「学歴詐称疑惑」再燃 衆院東京15区補選“アウト”…「女帝」頼みの岸田首相も打つ手なし

  4. 4
    中森明菜は20年前の「アンタ、仕事やめたほうがいいよ」の言葉を噛みしめてほしい

    中森明菜は20年前の「アンタ、仕事やめたほうがいいよ」の言葉を噛みしめてほしい

  5. 5
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  1. 6
    「間違いなく負担は増えている」 大谷が世界に向けて警鐘を鳴らすMLB時短策の弊害

    「間違いなく負担は増えている」 大谷が世界に向けて警鐘を鳴らすMLB時短策の弊害

  2. 7
    打率1位の岡本と同5位の坂本 Wコンバートが示す巨人阿部監督の深謀遠慮

    打率1位の岡本と同5位の坂本 Wコンバートが示す巨人阿部監督の深謀遠慮

  3. 8
    大谷絶好調の裏にMLBとドジャースの「特別扱い」…異例のバックアップ体制で打率.345

    大谷絶好調の裏にMLBとドジャースの「特別扱い」…異例のバックアップ体制で打率.345

  4. 9
    ニデック(上)在籍2年のソニーグループ出身・岸田光哉副社長を社長に起用した理由

    ニデック(上)在籍2年のソニーグループ出身・岸田光哉副社長を社長に起用した理由

  5. 10
    大谷翔平はカネを引っ張れる“最大のツール”…MLBが賭博醜聞にさっさと幕引き図る複雑事情

    大谷翔平はカネを引っ張れる“最大のツール”…MLBが賭博醜聞にさっさと幕引き図る複雑事情