北上次郎
著者のコラム一覧
北上次郎評論家

1946年、東京都生まれ。明治大学文学部卒。本名は目黒考二。76年、椎名誠を編集長に「本の雑誌」を創刊。ペンネームの北上次郎名で「冒険小説論―近代ヒーロー像100年の変遷」など著作多数。本紙でも「北上次郎のこれが面白極上本だ!」を好評連載中。趣味は競馬。

「生物学探偵 セオ・クレイ 街の狩人」アンドリュー・メイン著、唐木田みゆき訳

公開日: 更新日:

 9年前に失踪した息子の事件を調べてほしい、とセオ・クレイが依頼されるところから始まる物語だ。依頼者はもう息子の生存を諦めている。なにしろ失踪してから10年近くたっているのだ。しかし、やっぱりこのままでは気がすまない。息子をさらった男を捕まえたいと、セオ・クレイを訪ねてくる。

 こうしてセオ・クレイは調査を始めていくが、連続殺人鬼を徐々にあぶりだしていく怒涛の追跡が圧巻で、あれよあれよと一気読み。第1作「森の捕食者」に続く第2作だが、今回も堪能できる。

 この名探偵は殺人事件が発覚していないのに先に死体を発見してしまうほど鋭い推理力の持ち主なのだが、悩みもあって、それは推理があまりに鋭すぎるので警察が信用してくれないこと。それはそうだろう。まだ殺人事件があったかどうかわからないのに、先に死体を掘り出してしまうのだ。このあたりに埋まっているはずだと予言すると、本当に死体が現れるから、これでは、おまえが犯人だろと疑われても仕方がない。

 今回の敵は連続殺人鬼で、闇にひそむそのシリアルキラーの存在を指摘しても、警察がなかなか信用してくれないが、前作とは違って今度は訳がありそうだ。その警察の事情とは何なのかを書いてしまうとネタばらしになるので、前作とは少しだけ異なると書くにとどめておく。前作と共通しているのは今回もスリル満点で面白いことだ。

 (早川書房 940円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    総務省・東北新社問題 疑惑の本丸“癒着会議”の仰天議事録

  2. 2

    田口麗斗の電撃トレード惜しむ声…巨人ムードメーカー失う

  3. 3

    苛烈な親子喧嘩…勝久氏が久美子氏に叩きつけた“果たし状”

  4. 4

    G戸郷“実室2年目”ジンクス打破の予兆 桑田指導にモノ申す

  5. 5

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  6. 6

    「ききょう企画」を追われた母の反撃…次女に質問状を送付

  7. 7

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  8. 8

    コワモテ菅長男は陽キャ…令和おじさんモノマネが鉄板ネタ

  9. 9

    藤井2冠が高校を自主退学…「中卒」だと人生詰みは本当か

  10. 10

    93年日本S第7戦 古田の“ギャンブルスタート”はサイン無視

もっと見る

人気キーワード