正津勉(詩人)

公開日: 更新日:

3月×日 この1ヶ月余り、森内俊雄著「一日の光あるいは小石の影」(アーツ・アンド・クラフツ出版委員会 3800円+税)を枕許に置いている。著者、84歳。帯に「三十余年のエッセイ集成」とある。190篇ほどの散文を収める、480頁余りの大冊である。毎晩、眠る前に少しずつ気ままに頁を繰っている。そこにはなにか手に取り読めと促すものがあるかだ。

「わたしは昔風の差別用語的表現を用いると、売文の徒である。ところが量産ができず、本は売れないから、ひっそりと細々と暮らさざるを得ないでいる」

 売文の徒でももっと下の小生。ことし後期高齢者になる。そろそろ老い支度を考えるころ。バカみたい身体だけは丈夫なのだけど。金が無くいささか気も弱りつつある。ボケも恐ろしい。などという萎れぎみの心にこの書がよく効くのである。

 著者は、これまで6回死にかけた。戦災で、事故で、病気で、それぞれ2度にわたり。だがそのつど生き延びてきたとか。そして「生きているあいだは生きているものだとだれかが言っている。けだし名言である」という。いやほんとこの自若なる境地はどこからこよう。著者は、クリスチャンである。それはむろん信仰のするところ。であるならば無神論の当方には不分明にするほかない。

 ただ伝わってくるのはそう、知への渇望、書物への愛、その飽くことのなさである。古今東西の神話古典にはじまり、21世紀の思潮全般にいたる、おどろくべき幅広い関心のありようだ。哲学、思想、芸術、文学……、著者は、興味の趣くままに触手を伸ばしてゆく。その文章は易しくて入りよく、その引用は簡にして要をえて、その世界は読むほど深くなる。ここに1例あげる。たとえば、古今亭志ん生の自伝「なめくじ艦隊」の口上をもって、人生の機微にふれる。一方、写真集「世界の灯台 写真でみる歴史的灯台」(2004年、成山堂書店刊)を開くことで、少年時の冒険の夢を拡げると。

 最後に本題について。「一日の光」とは、人生の黄昏を現す。「小石の影」とは、人の営みの喩。後期高齢者、汝、ボケたくなければ本を読みつづけられたし。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    3.30「緊急事態宣言」発令で描く 国会休会の仰天シナリオ

  2. 2

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  3. 3

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  4. 4

    4月からTBSアナ 野村萬斎の娘を待ち受けるお局軍団の洗礼

  5. 5

    佐藤健「恋つづ」“キュン攻め”LINE人気に見えた新たな鉱脈

  6. 6

    昭恵夫人が“桜を見る会” 花見自粛要請中に私的開催の仰天

  7. 7

    不織布マスクのストックが…正しい「使い回し方」を知る

  8. 8

    可能性のドア解放 氷川きよしは自分の性分をさらけ出す

  9. 9

    小泉今日子が「あいまいな自粛要請」で踏み切った舞台現場

  10. 10

    中小企業を襲う“コロナ倒産ドミノ” 5月GWがタイムリミット

もっと見る