「コープス・ハント」下村敦史著

公開日: 更新日:

 8人の女性を殺害した容疑で死刑判決を下された浅沼聖悟は、「そのうちの1件は俺の犯行じゃない」と言った。そして“思い出の場所”に真犯人の遺体を隠した、と。被害者の水本優香のシャツの襟元には十数本の深紅のバラが差し込まれていた。それが連続殺人の手口と似ていたので、同一犯だと思われたのだ。

 だが、刑事の折笠望美は、その前に取り調べていた別の被疑者、金田光が真犯人だと信じていた。一般車のドライブレコーダーに、3人組の男にマンションに連れ込まれる優香の姿が写っていて、3人組の1人が金田だったのだ。金田は浅沼の逮捕前から行方不明になっている。

 抑圧された心が生んだ犯罪を描くミステリー。

(KADOKAWA 1700円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    推定390億円とも…創価学会が太閤園を高く買い取ったワケ

  3. 3

    高級住宅街「成城学園前」が“昭和のお屋敷街”に衰退する日

  4. 4

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  5. 5

    眞子さまは駆け落ち婚も覚悟?あえて危ない橋を渡る生き方

  6. 6

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  7. 7

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  8. 8

    NiziUミイヒ出動でも爆発できず J.Y.Parkの手腕に疑問の声

  9. 9

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  10. 10

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

もっと見る

人気キーワード