「コープス・ハント」下村敦史著

公開日: 更新日:

 8人の女性を殺害した容疑で死刑判決を下された浅沼聖悟は、「そのうちの1件は俺の犯行じゃない」と言った。そして“思い出の場所”に真犯人の遺体を隠した、と。被害者の水本優香のシャツの襟元には十数本の深紅のバラが差し込まれていた。それが連続殺人の手口と似ていたので、同一犯だと思われたのだ。

 だが、刑事の折笠望美は、その前に取り調べていた別の被疑者、金田光が真犯人だと信じていた。一般車のドライブレコーダーに、3人組の男にマンションに連れ込まれる優香の姿が写っていて、3人組の1人が金田だったのだ。金田は浅沼の逮捕前から行方不明になっている。

 抑圧された心が生んだ犯罪を描くミステリー。

(KADOKAWA 1700円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    志村けんさん「芸人運」にかき消された女性運と運命の相手

  2. 2

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  3. 3

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  4. 4

    志村さんが最期まで貫いた不詳の弟子・田代被告への“温情”

  5. 5

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  6. 6

    志村けんさん 泥酔記者に愛の一喝「話をちゃんと聞け!」

  7. 7

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  8. 8

    コロナ対策に高まる期待 結核予防のBCGワクチンは救世主か

  9. 9

    やはり本命の彼女は…櫻井ファンがザワついた衝撃の“逸話”

  10. 10

    ビック3とは一線 志村けんさんが貫いたコメディアン人生

もっと見る