「黒と白のはざま」ロバート・ベイリー著 吉野弘人訳

公開日: 更新日:

 2011年8月18日の夜、黒人弁護士ボーはその日、一番顔を合わせたくない男ウォルトンとバーで出くわす。彼らが住むテネシー州プラスキはKKK発祥の地で、ウォルトンはかつてその最高指導者だった。

 45年前の今日、KKKによって父親を虐殺されたボーは、ウォルトンと彼の仲間に裁きを与えるために人生のすべてを費やしてきた。しかし、証拠がなく、その願いは果たせぬままだった。翌朝、泥酔してオフィスで寝ていたボーは逮捕される。数時間前にウォルトンの遺体が木に吊るされ燃やされているのが見つかったという。ウォルトン殺害の容疑をかけられたボーは、ロースクール時代の恩師マクマートリーに弁護を依頼する。

 法廷ミステリー「ザ・プロフェッサー」続編。

(小学館 950円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    出川哲朗とばっちり マリエの告発を“キャラ”で乗り切れる?

  3. 3

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  4. 4

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  5. 5

    加藤浩次に同情薄 自滅のラヴィットより“身内”にビクビク

  6. 6

    石原さとみ“引退説”一蹴 綾瀬はるか意識しベッドシーン?

  7. 7

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  8. 8

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  9. 9

    マリエの枕営業告発が広がりに欠けるワケ…どうなる“第2R”

  10. 10

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

もっと見る

人気キーワード