北上次郎
著者のコラム一覧
北上次郎評論家

1946年、東京都生まれ。明治大学文学部卒。本名は目黒考二。76年、椎名誠を編集長に「本の雑誌」を創刊。ペンネームの北上次郎名で「冒険小説論―近代ヒーロー像100年の変遷」など著作多数。本紙でも「北上次郎のこれが面白極上本だ!」を好評連載中。趣味は競馬。

「言の葉は、残りて」佐藤雫著

公開日: 更新日:

 鎌倉幕府3代将軍、源実朝のもとに、摂関家の娘・信子が嫁いでくるところから、この物語は始まっていく。そのとき実朝は13歳、信子は12歳。つまり、幼い少年と少女である。したがって、のどかで、優しく、ほのぼのとした子供同士の出会いから始まる物語といっていい。

 そのきわめて親しい幼馴染みのような関係は、本来なら2人だけの問題であるはずなのに、それが許されないのは、実朝が「武家の頭領」であるからだ。さまざまな人の思惑、立場、事情というものがある。裏切りと陰謀がある。この2人はいや応なく、そういう現実に巻き込まれるのだ。

 実朝の乳母、阿波局がなぜ冷たいのか。頼家(2代将軍)の息子で、実朝の甥である善哉に何があったのか。それぞれのドラマを著者は丁寧に描いていく。その人物造形が鮮やかなので、どんどん引き込まれていく。

 第32回の小説すばる新人賞の受賞作で、つまりは本書がデビュー作ということだが、とても新人の作品とは思えないほど緊迫感あふれる物語で、読み始めたらやめられなくなる。複雑な政争が緊密に描かれるので、余計に冒頭の、幼い2人の出会いが印象に残る。あるいは幼い政子(実朝の母)が、弟の義時を誘って遠出する挿話が胸に残る。「ねえ、四郎(義時の幼名)。蛭ケ小島に行かない?」と政子が言う風景が、読み終えても残り続ける。それもこの小説の力だ。 (集英社 1650円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  2. 2

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  3. 3

    Cocomiデビューも炎上 キムタク参画ではじく静香の皮算用

  4. 4

    昭恵夫人が“桜を見る会” 花見自粛要請中に私的開催の仰天

  5. 5

    コロナ禍でもビーチで遊んでいた若者が…過ちに気づき懺悔

  6. 6

    中小企業を襲う“コロナ倒産ドミノ” 5月GWがタイムリミット

  7. 7

    「官邸官僚」の嘘と罪 ゲーム感覚で権力振るうモンスター

  8. 8

    コロナ対策批判され「辞めたるわ」大阪・守口市長が暴言

  9. 9

    阪神藤浪コロナ感染で球界激震…4.24開幕ありきの自業自得

  10. 10

    男子ゴルフツアーでクーデター 大量41人が青木体制に“NO”

もっと見る