北上次郎
著者のコラム一覧
北上次郎評論家

1946年、東京都生まれ。明治大学文学部卒。本名は目黒考二。76年、椎名誠を編集長に「本の雑誌」を創刊。ペンネームの北上次郎名で「冒険小説論―近代ヒーロー像100年の変遷」など著作多数。本紙でも「北上次郎のこれが面白極上本だ!」を好評連載中。趣味は競馬。

「深層地下4階」デヴィッド・コープ著 伊賀由宇介訳

公開日: 更新日:

 いやあ、面白い。読み始めたらやめられない面白さだ。

 1970年代に打ち上げられたロケットの破片が地球に落下してきたとき、打ち上げ時には存在しなかったものを宇宙から持ち帰ってくる。それは、火山の中でも深海でも外宇宙でも、どこでも生き延びられるしぶとい菌だ。生物に寄生して脳を支配し、自らの複製を作り上げるという唯一の目的に向かって増殖する菌だ。カマキリに寄生するハリガネムシみたいなものだと思えばいい。

 そのサンプルを地中深く埋めるのが本書のプロローグで、その12年後にパンドラの箱が開くところから真の物語が始まっていく。

 その真菌が、自らが生き延びやすい状況を選んで、徐々に、少しずつ、しかし途中からは素早く、侵食していくディテールが圧巻だ。不気味で、スリリングな、その様子が迫力満点に描かれるので目が離せない。

 問題はラストがややあっけないこと。残り30ページのところで、これ、どうやってもあと30ページでは終わらないだろ、と思ったが、終わっちゃうのである。急いで書いておくが、それでも十分に面白い。しかし、ここはもっとじっくり「敵」との戦いを描いて欲しかったと思う。ディテールがいいだけに残念である。

 そういうキズがあることは指摘しておかなければならないが、バイオホラー小説として一定の水準は保っている。今月の拾いものだ。

(ハーパーコリンズ・ジャパン 1091円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  2. 2

    「オレ流」落合監督の入閣打診 早すぎる前々年12月だった

  3. 3

    愛知県リコール署名偽造はビジネス右翼による国家国民攻撃

  4. 4

    福原愛にも不倫報道!徹子の部屋での異変と台湾の家庭事情

  5. 5

    粗品に“破滅型芸人”の匂い ギャンブル&借金でやっさん化

  6. 6

    150人が殺到 久美子氏の誕生日「晴れ舞台」で迫られた弁明

  7. 7

    菅側近はNTTともズブズブ 金満接待漬けで検察捜査に現実味

  8. 8

    空港でパンツ下ろせ!中国が採用「肛門PCR」2つのメリット

  9. 9

    加熱する中台「総額57億円のパイナップル」バトルに懐疑論

  10. 10

    山田真貴子氏は“ジジ殺し” 内閣広報官の評判と夜の流儀

もっと見る

人気キーワード