北上次郎
著者のコラム一覧
北上次郎評論家

1946年、東京都生まれ。明治大学文学部卒。本名は目黒考二。76年、椎名誠を編集長に「本の雑誌」を創刊。ペンネームの北上次郎名で「冒険小説論―近代ヒーロー像100年の変遷」など著作多数。本紙でも「北上次郎のこれが面白極上本だ!」を好評連載中。趣味は競馬。

「ワン・モア・ヌーク」藤井太洋著

公開日: 更新日:

 新国立競技場にどうやって原子爆弾を持ち込むのか――。すでに原爆テロを予告しているのだ。都内は厳重な警戒態勢下にある。その中をどうやって持ち込むか。

 ここが嘘くさいと全体のリアルが崩れ落ちる。作者はそこで周到な舞台をつくり上げる。新国立競技場が、国際コンペで一度は決まった設計をご破産にして別の設計者によってつくり直したものであることは、記憶に新しい。その最初の設計では、競技場の地下から下水道の千駄ケ谷幹線の支流が延びていたが、現在の競技場をつくったオールジャパンの設計チームは、追い出した外国人建築家の設計を下敷きにしながらも、著作権の侵害を恐れて図面を大幅に改ざん。そのときに下水道は消されたので、水道局の台帳にも記載されていない――というのである。その幻の支流をテロチームが見つけ出して、この計画がスタートする。リアルな物語をつくり上げるための、作者のこの工夫と計算に留意。

 原爆テロを実行するチームが一枚岩ではなく、さまざまな思惑が入り乱れていること。それを捜査する側にも齟齬があって、すみやかに進まないこと。このあたりは常套的な展開といってもいいが、人物造形が秀逸なので、どんどん引き込まれていく。

 物語は5日間と限定されている。爆発は3月11日午前零時。ワン・モア・ヌーク――もう一度、核を。テロチームのこのメッセージが読後も残り続ける。

(新潮社 900円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  2. 2

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  3. 3

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  4. 4

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  5. 5

    志村さんが最期まで貫いた不詳の弟子・田代被告への“温情”

  6. 6

    志村けんさん 泥酔記者に愛の一喝「話をちゃんと聞け!」

  7. 7

    コロナは15日ごとに変異…凶暴なウイルスに変身するのか?

  8. 8

    志村けんさん「芸人運」にかき消された女性運と運命の相手

  9. 9

    東出昌大“緊急生謝罪”の裏に…長澤まさみの「重い一言」

  10. 10

    ビック3とは一線 志村けんさんが貫いたコメディアン人生

もっと見る