北上次郎
著者のコラム一覧
北上次郎評論家

1946年、東京都生まれ。明治大学文学部卒。本名は目黒考二。76年、椎名誠を編集長に「本の雑誌」を創刊。ペンネームの北上次郎名で「冒険小説論―近代ヒーロー像100年の変遷」など著作多数。本紙でも「北上次郎のこれが面白極上本だ!」を好評連載中。趣味は競馬。

「いいからしばらく黙ってろ!」竹宮ゆゆこ著

公開日: 更新日:

 最初に書いておくが、たいした話ではない。バーバリアン・スキルという弱小の劇団に飛び込んで、その運営に携わるヒロイン(彼女は大道具の才能まであるから重宝される)の疾風怒涛の活躍を描く長編だが、どうやったら公演までたどりつけるか、というだけの物語であるから、たいした話ではない。たとえ資金が集められずに公演できなかったとしても、世界がひっくり返るわけではないのだ。ところが読み始めるとやめられなくなる。

 なんなんだこれは!

 略歴をみると、著者はライトノベルで活躍していた人で、5~6年前から新潮文庫nexなどで新作を発表しているようだが、本書のクセになる文体がライトノベル時代から変わらないこの著者の特徴なのか、それとも大人向けの一般文芸に転じてからの特徴なのかが判断できない。たいした話でもないのにやめられないのは、文体だけでなく、物語に漲る熱気がただごとではないからだ。それがなによりも素晴らしい。粗削りだが、迫力満点の、元気が出てくる異色の青春小説だ。

 冒頭に出てくる挿話についても少しだけ書いておく。幼いヒロインが、言うことを聞かない双子の弟妹と、わがままな双子の兄姉に挟まれて苦労する挿話で、このあたりのリズムがややぎくしゃくしているので読みにくいことは否めないが、なんだかこの挿話の向こうにこの著者の才能がひそんでいるような気がしてならない。要注目だ。

 (KADOKAWA 1700円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  2. 2

    公務員はコロナ禍で収入が減る民間に合わせる気はないのか

  3. 3

    小池知事「3連休の怠慢」都内感染1000人超えはまさに人災

  4. 4

    「コロナ感染ウソ」で露呈 JYJジェジュンの非常識と幼稚さ

  5. 5

    与野党の医師議員が“アベノマスクの乱” 政権の愚策に決起

  6. 6

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  7. 7

    桑子と和久田 NHK朝夜メインキャスター異例トレードの成果

  8. 8

    緊急事態宣言発令で通勤電車が「3つの密」状態になる恐れ

  9. 9

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  10. 10

    藤浪トレード急加速 コロナ感染契機に他球団が再調査開始

もっと見る