天性の愛嬌とはこの人のためにあるような言葉

公開日: 更新日:

「ジャン=ポール・ベルモンド傑作選」

 小学生のころはヒーローの二枚目に憧れたものだが、中学になると二枚目半のほうが一枚上手だと気づく。そのきっかけがジャン=ポール・ベルモンドだった。アラン・ドロンと並ぶ仏映画界きってのスター。彼を知らない世代も顔を見れば寺沢武一著「コブラ」のモデルとわかるだろう。

 その彼の1960年代から80年代にかけての映画が「ジャン=ポール・ベルモンド傑作選」として今月末、封切られる。

 ラインアップは、フィリップ・ド・ブロカ監督「大盗賊」以下、「オー!」「大頭脳」「恐怖に襲われた街」「危険を買う男」「ムッシュとマドモアゼル」「警部」「プロフェッショナル」。共通点はDVDまたはブルーレイが国内未発売であることだそうだが、個人的にはなんといっても「オー!」(68年)がうれしい。

 確かこの映画の公開と前後して早川のポケミスでジョゼ・ジョバンニの原作が邦訳され、暗黒街で成り上がってゆく青二才の姿を心に刻んだ。その後、中学生の分際で家を抜け出してオールナイトの映画館に出かけたのだった。当時、筆者の中学は丸刈りでしたからね、よくまあ補導されなかったものである。

 ベルモンドのいいところはその明るさと気取らなさ。天性の愛嬌というのはこの人のためにあるような言葉で、現に人柄もそうらしい。

 山田宏一著「山田宏一映画インタビュー集 映画はこうしてつくられる」(草思社 3600円+税)は、ベテラン映画評論家によるフランス映画人へのインタビュー集。この中にベルモンドとの対話も収録されている。それを読むと、ゴダールの「勝手にしやがれ」の裏話から、彼がいかに意識の高い映画俳優だったかまでよくわかる。ちなみに山田氏によるとベルモンドは「映画のなかのイメージよりもいっそう明朗で、親しみやすくて、気のおけない、じつに感じのいいスター」だったという。 <生井英考>

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    稀勢の里は「激励」止まりも…白鵬と鶴竜が「注意」の理由

  2. 2

    “桜疑惑”突然の捜査…安倍応援団「菅首相裏切り」への疑心

  3. 3

    原監督は思考停止か…巨人崖っぷち3連敗招いた不可解采配

  4. 4

    世界にたった100台…3.5億円“幻の名車”が一瞬にしてクズに

  5. 5

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  6. 6

    大阪府コロナ死の8割超は重症者にあらず 衝撃の調査結果!

  7. 7

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

  8. 8

    桑子真帆フリー転身は「嘘八百」紅白と“生涯年収”が裏付け

  9. 9

    小池知事“ひとり相撲”で泥縄の大誤算…情弱で対応周回遅れ

  10. 10

    コロナ禍の最中に…小池都知事は退職金3500万円を得ていた

もっと見る

人気キーワード