「楽園の烏(からす)」阿部智里著

公開日: 更新日:

 安原はじめは養父から山を相続した。「あの山を売ってくれませんか」と何人かが訪ねてきた後、最後に、幽霊を自称するおぞけをふるうような美女が、養父から、あの山の秘密を教えるよう頼まれたと、はじめを迎えに来た。地下鉄とトラックを乗り継ぎ、木箱に押し込まれて着いたのは、奈良の大仏殿のような所だった。

 はじめが名を名乗ると、雪斎という男が現れ、この地がはじめが相続した荒山で、自分たちは「山内(やまうち)」という異界を守る八咫烏(やたがらす)の一族だと名乗る。彼らと争って負けた「猿」という一族の生き残りが八咫烏の中に紛れており、それを探して根絶やしにするのが使命だという。

 八咫烏シリーズの最新作。

(文藝春秋 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は思考停止か…巨人崖っぷち3連敗招いた不可解采配

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    稀勢の里は「激励」止まりも…白鵬と鶴竜が「注意」の理由

  4. 4

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  5. 5

    “桜疑惑”突然の捜査…安倍応援団「菅首相裏切り」への疑心

  6. 6

    世界にたった100台…3.5億円“幻の名車”が一瞬にしてクズに

  7. 7

    原監督が「巨人不利」でも日本S全戦DHを受け入れた胸算用

  8. 8

    桑子真帆フリー転身は「嘘八百」紅白と“生涯年収”が裏付け

  9. 9

    巨人ぶざまな日本S敗退でコーチ粛清…元木&宮本“詰め腹”も

  10. 10

    大阪府コロナ死の8割超は重症者にあらず 衝撃の調査結果!

もっと見る

人気キーワード