「利休を超える戦国の茶人 織田有楽斎」岳真也著

公開日: 更新日:

 織田源吾長益(有楽斎)は信長の13歳年下の異母弟で、信長が「うつけ」と呼ばれたのに対して、戦を好まぬ有楽斎は「へたれ」と呼ばれた。信長の守り役、平手政秀に可愛がられ、歌や古典、茶の湯の手ほどきを受ける。

 本能寺の変が伝えられたとき、有楽斎は信長の嫡男、信忠と二条御所に立てこもって戦った。追い詰められ、切腹しようとしたが、信忠に頼まれ、彼の嫡男の三法師を守るため落ち延びる。

 だが、関ケ原の合戦では三法師方につかず、徳川方についた。合戦後、二千石から三万石に加増され、家康の茶頭を務めて「茶の湯太閤」と呼ばれた。

 戦乱の世に、「武」ではなく、「遊芸」の茶の湯にいそしんで「有楽流」を創始した茶人を描く。

(大法輪閣 1900円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    黒木瞳“監督”に映画界から三下り半「十二単衣…」が大コケ

  2. 2

    日ハム西川に逆転巨人入りの目 メジャーに意欲も障壁数々

  3. 3

    安倍「桜疑獄」地元・山口で大炎上 “子分”下関市長は恐々

  4. 4

    原英莉花にも“甘い蜜”が…プラチナ世代をスポイルするTV局

  5. 5

    小林浩美LPGA会長 前代未聞「表彰式」ブチ切れすっぽかし

  6. 6

    伊藤健太郎以外も…呪われた「とんかつDJアゲ太郎」の後味

  7. 7

    伊藤健太郎ひき逃げ事件の余波…“空席”を埋める3人の俳優

  8. 8

    地域振興とは名ばかり…「地域共通クーポン」の散々な評判

  9. 9

    松坂大輔と斎藤佑樹が一軍登板ゼロでもクビにならない事情

  10. 10

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

もっと見る

人気キーワード