中澤日菜子(作家)

公開日: 更新日:

11月×日 長女が猫を拾ってきた。なんでも公園に友だちといたところ、派手な車が来て、若いカップルがぽいと捨てて行ったそうだ。なんと無責任な。とはいえ我が家はペット禁止のマンション、飼ってやることはできない。仕方ないので里親が見つかるまで預かることにする。

 そんなこととはつゆ知らず、その日わたしが読んでいたのは原田ひ香著「一橋桐子(76)の犯罪日記」(徳間書店 1650円+税)。独り身で、清掃のバイトをしながらつつましく暮らす老女が、みずからの先行きを案じて「犯罪者になって刑務所で暮らそう」と思い立つお話。不景気、解雇、孤独――重たいテーマではあるが、桐子のおっとりしたキャラクターに助けられて、温かな気持ちで読了。実際このように思う高齢者は多いのかもしれないなと思う。

11月×日 猫の里親を探すために方々に声をかけるが、なかなか色よい返事はもらえない。困った。コロナ禍で海外に行けない昨今、せめて本の世界でだけは……と思い、村上春樹著「ラオスにいったい何があるというんですか?」(文藝春秋 870円+税)を手に取る。

 ボストン、フィンランド、ラオス、イタリア、その他各地を村上春樹が訪ねた紀行文。読んでいると、その土地土地の匂いが香り立って来る。ああ、早く旅に出たい。コロナの馬鹿。1日も早い収束を願うばかりだ。

11月×日 打ち合わせで市ヶ谷へ。会社員時代、10年間通った街だが、来るたびに店が入れ替わっている。20年前からある店は片手で数えられるほど。行き帰りの電車のお供は彩瀬まる著「くちなし」(文藝春秋 620円+税)。恋愛がテーマの幻想的な短編集。彩瀬まるは不思議な作家だ。日常からふいっと異世界に連れ出してくれる。その「ずれ」がなんとも心地よい。

11月×日 いまだに保護した猫の行き先が決まらない。どうか早く決まっておくれ。でないと落ち着いて本も読めやしないよ……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 2

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  3. 3

    Koki,世界モデル挑戦へ キムタク残し母・工藤静香と移住か

  4. 4

    菅野美穂「ウチカレ」不評…“恋愛の神様”はオワコンなのか

  5. 5

    自宅コロナ死急増「病床不足」の裏に退院できる患者の滞留

  6. 6

    橋本環奈が辿る剛力彩芽と同じ道 USEN宇野会長と親密報道

  7. 7

    菅首相が“国際的な赤っ恥”…バイデン新政権から訪米拒否

  8. 8

    松潤の大河主演で混沌…井上真央との結婚の行方は占い頼み

  9. 9

    大栄翔が初優勝 平幕V続出「戦国時代」の裏の“角界の凋落”

  10. 10

    五輪に執着する菅政権に自民OBが怒り「総入れ替えが必要」

もっと見る

人気キーワード