成田龍一(歴史学者)

公開日: 更新日:

10月×日 武田徹著「現代日本を読む」(中央公論新社 900円+税)を読む。物語論の視座からのノンフィクションの議論。そもそもノンフィクションといったとき、「事実」を扱うことが出発点となるが、なにをもってその特徴とするのかと、真正面から問いかける。石牟礼道子著「苦海浄土」、沢木耕太郎著「テロルの決算」から、北条裕子著「美しい顔」などの作品を論ずる力作である。

10月×日 「現代日本を読む」の続きを読む。武田は、「語り手」がいる「物語」としてノンフィクションを把握し、「物語るジャーナリズム」として議論を展開する。さらに武田は、「事実的文章」と「物語的文章」と文体に着目した議論をおこなう。「事実」にどのように接近するか、を論じており、すこぶる有益だ。

10月×日 土屋トカチ監督の「アリ地獄天国」を見る。引っ越し業界で働く一青年が、配置転換を不服とし訴訟を起こし、勝訴するまでを描く。「事実」を伝えるノンフィクション(ドキュメンタリー)映画だが、最後の瞬間、これまで仮名であった主人公が本名を名乗るという「物語的」シーンが映し出される。「事実的」推移と「物語的」展開とが、重ね合わされる。みごとだ。労働現場の深刻さに思いが至り、萩原慎一郎の「歌集 滑走路」(KADOKAWA 580円+税)を開く。「夜明けとはぼくにとっては残酷だ 朝になったら下っ端だから」(「自転車の空気」)。

10月×日 没後10年になる井上ひさしの舞台「私はだれでしょう」を観に、新宿の紀伊国屋サザン・シアターへ。いつものように、予習として戯曲に目を通す。井上芝居は、たんねんに「事実」を調査し、そのうえに「虚構」の物語を作り上げる。井上は、「虚構」によるリアリティを追求する作家であった。

10月×日 芝居の興奮が冷めやらぬまま、文庫化されたばかりの、井上ひさし著「犯罪調書」(中央公論新社 740円+税)を読む。犯罪という「事実」のなかに、関係者が作り出す「物語」を読み込み、「虚構」と「事実」、「物語」が作り出すリアリティの力学に迫る作品だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    “お局バラドル”山瀬まみにリストラの嵐…「新婚さんいらっしゃい!」桂文枝卒業の余波

    “お局バラドル”山瀬まみにリストラの嵐…「新婚さんいらっしゃい!」桂文枝卒業の余波

  2. 2
    宮地真緒が36歳ラストヌード写真集で魅せた正統派セクシー

    宮地真緒が36歳ラストヌード写真集で魅せた正統派セクシー

  3. 3
    山本淳一は「妻をソープ送り」報道…光GENJIの“哀れな末路”

    山本淳一は「妻をソープ送り」報道…光GENJIの“哀れな末路”

  4. 4
    ジョコビッチ反撃のノロシ!「精神的苦痛受けた」5億円の損害賠償求め豪政府を提訴へ

    ジョコビッチ反撃のノロシ!「精神的苦痛受けた」5億円の損害賠償求め豪政府を提訴へ

  5. 5
    米国に37歳差カップル誕生 年上彼女は「彼の子供を産みたい!」

    米国に37歳差カップル誕生 年上彼女は「彼の子供を産みたい!」

もっと見る

  1. 6
    関ジャニ∞大倉忠義と広瀬アリスの熱愛報道にジャニーズ事務所が「ノーコメント」なワケ

    関ジャニ∞大倉忠義と広瀬アリスの熱愛報道にジャニーズ事務所が「ノーコメント」なワケ

  2. 7
    岸田首相は感染猛拡大後もグルメ三昧! 高級店で連夜の会食、口先だけの「コロナ最優先」

    岸田首相は感染猛拡大後もグルメ三昧! 高級店で連夜の会食、口先だけの「コロナ最優先」

  3. 8
    年末に相次いだ首都圏の揺れ…2022年に巨大地震の危ない場所はどこか? 専門家が見解

    年末に相次いだ首都圏の揺れ…2022年に巨大地震の危ない場所はどこか? 専門家が見解

  4. 9
    安倍元首相が露骨な反撃!岸田首相の目玉政策に文句ブーブー「理解してる人はほとんどいないでしょ」

    安倍元首相が露骨な反撃!岸田首相の目玉政策に文句ブーブー「理解してる人はほとんどいないでしょ」

  5. 10
    庶民の味方「立ち食いそば」安くてウマいはもう望めない? 原材料高で値上げラッシュ

    庶民の味方「立ち食いそば」安くてウマいはもう望めない? 原材料高で値上げラッシュ

人気キーワード