「禁じられたメス」久間十義著

公開日: 更新日:

 病気腎移植(修復腎移植)とは、がんや肝炎などの疾患のあるドナーの腎臓から病巣を取り除き、それを移植する治療技術。従来病巣を切除した腎臓は捨てられていたが、修復して移植することができれば、腎移植が必要な人にとっての福音となる。当初倫理的に問題があるなどとされていたが、現在は先進医療として認められている。

 本書はこの腎移植をめぐる問題を扱っている。

【あらすじ】柿沼東子は有朋堂総合病院の泌尿器科の医師。夫との間に1歳半になる娘がいる。

 育児と仕事の両立は難しく日々ストレスを抱えており、魔が差したのか、東子は研修医時代の指導医と関係を持ってしまった。それを知った夫から離婚を言い渡され、娘の親権も失う。さらに女手ひとつで東子を育ててくれた母が亡くなる。

 東子は失意のまま宮城県牡鹿半島にある陸前会伊達湊病院で働くことに。同病院では、天才外科医の陸奥をリーダーとする腎移植チームが高度な技術を駆使して高い評価を得ていた。東子はそこで病気腎移植という画期的な技術があることを知り、自分もそれを身につけるべく努力の日々を送っていた。

 そこへ陸奥らが臓器売買に関わっていたのではないかとの嫌疑がかかる。以前から病気腎移植に懸念を抱いていた学会や保健省はここぞとばかりに陸奥らに激しいバッシングを行う。この移植技術の大きな可能性を信じる東子たちは懸命に安全性と有用性を訴えていく。

 ようやく認められるようになった直後、東日本大震災が東子たちの病院を襲う……。

【読みどころ】実際に起きた病気腎移植に関するスキャンダルを下敷きに、運命に翻弄されながらもたくましく生きるひとりの女性医師の姿が鮮烈に描かれる。<石>

(新潮社 840円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

人気キーワード

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    有原、西勇輝、松田宣、筒香、森友哉…5年ぶりBクラスの原巨人はFA乱獲へまっしぐら

    有原、西勇輝、松田宣、筒香、森友哉…5年ぶりBクラスの原巨人はFA乱獲へまっしぐら

  2. 2
    日テレが「笑点」についにメス! 林家三平の大喜利「卒業=戦力外」しかも秒読みだった

    日テレが「笑点」についにメス! 林家三平の大喜利「卒業=戦力外」しかも秒読みだった

  3. 3
    菅前首相の“絶賛弔辞”コピペ疑惑で赤っ恥 「前提すっ飛ばしなら一種の剽窃」と識者バッサリ

    菅前首相の“絶賛弔辞”コピペ疑惑で赤っ恥 「前提すっ飛ばしなら一種の剽窃」と識者バッサリ

  4. 4
    円楽師匠急逝で風雲急告げる「笑点」大喜利の後継者選び 落語協会と日テレの思惑に食い違い

    円楽師匠急逝で風雲急告げる「笑点」大喜利の後継者選び 落語協会と日テレの思惑に食い違い

  5. 5
    テレ朝・弘中綾香アナ結婚&彼氏の上場でWおめでた お相手はただの“一般男性”ではなかった

    テレ朝・弘中綾香アナ結婚&彼氏の上場でWおめでた お相手はただの“一般男性”ではなかった

  1. 6
    太田光また旧統一教会“擁護発言”で大炎上…暴走が“売り”のはすが完全裏目、現場は制御不能か

    太田光また旧統一教会“擁護発言”で大炎上…暴走が“売り”のはすが完全裏目、現場は制御不能か

  2. 7
    Nスペ旧統一教会特集に視聴者ガッカリ…安倍元首相との関係に触れず、国葬後の放送にも疑問符

    Nスペ旧統一教会特集に視聴者ガッカリ…安倍元首相との関係に触れず、国葬後の放送にも疑問符

  3. 8
    自民党・今井絵理子氏にSNSで怒り広がる SPEED再集結ライブ参加に「国会議員の仕事を」

    自民党・今井絵理子氏にSNSで怒り広がる SPEED再集結ライブ参加に「国会議員の仕事を」

  4. 9
    「ポスト水卜麻美」岩田絵里奈アナに有名俳優との“黒歴史”

    「ポスト水卜麻美」岩田絵里奈アナに有名俳優との“黒歴史”

  5. 10
    香川照之に続きENEOS会長までクラブでご乱行…彼らの失敗の本質はどこにあるのか

    香川照之に続きENEOS会長までクラブでご乱行…彼らの失敗の本質はどこにあるのか