「日本遺産に消えた女」西村京太郎著

公開日: 更新日:

 可奈子が受け取った手紙には亡父・徹が詠んだ俳句が同封されていた。妻の明江をひき逃げ事故で失って以来、気力をなくした徹は、社長の椅子を弟に譲り、各地を旅していた。そして、半月前に旅先の山形で観光用の最上川下りの船から転落して溺死してしまった。

 手紙の送り主は観光船を営む会社の広報・後藤だった。徹の俳句に疑問を抱いた可奈子は後藤を訪ねる。やがて船着き場の投句箱に俳句を入れる際、徹に連れの人物がいたことが分かる。同じ頃、東京で私立探偵殺人事件を捜査中の十津川は、被害者が徹の依頼で明江をひき逃げした犯人を捜していたことを知る。(「最上川殺人事件」)

 ほか、紀伊勝浦や阿波鳴門など、日本遺産を舞台にした作品を編んだ十津川警部シリーズ傑作集。

(徳間書店 730円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  2. 2

    福原愛にも不倫報道!徹子の部屋での異変と台湾の家庭事情

  3. 3

    小池知事“菅攻撃”画策不発でブチ切れ!宣言延長も政争の具

  4. 4

    福田元首相秘書が懸念「国会でモラルハザード起きている」

  5. 5

    “里帰り不倫”福原愛はシンママに勝機 モラハラ夫に同情票

  6. 6

    NEWS加藤の吉川英治新人賞は本物 一芸ジャニーズ台頭なぜ

  7. 7

    ボランティア辞退に意向確認 もはや東京五輪は“真っ黒”だ

  8. 8

    これぞ教育!帽子を脱がない校則違反の男子生徒に校長は…

  9. 9

    英中部 絶壁の縁にテント張り「脳死状態」と罵られた家族

  10. 10

    中学受験始まる新4年生「塾でつまずき出す」のが5月の理由

もっと見る

人気キーワード