「愛の伊予灘ものがたり」西村京太郎著

公開日: 更新日:

 取材で観光列車「伊予灘ものがたり」に乗車した雑誌記者の新見は、乗客の老婆が気になる。彼女は、行きも帰りも同じ場所で数珠を握り海に向かって瞑目していた。

 松山駅で下車した彼女を追うと、娘が営む飲食店にたどり着く。客を装い話しかけるが、ハルという名の老婆の口は重い。調べると93歳になるハルは終戦の日の翌日、松山海軍基地を飛び立った3機編成の紫電改が、伊予灘の上空を飛んで佐田岬の方へ消えたのを見たと言い続けているらしい。しかし、当時の記録にはそのような事実はなかった。

 やがて新見は、ハルの弟が終戦の翌日に特攻を命じられて戦死した事実を突き止める。数日後、新見の他殺体が東京の自宅で見つかる。

 戦史の闇をえぐり出す十津川警部シリーズ最新刊。

(実業之日本社 900円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    福原愛にも不倫報道!徹子の部屋での異変と台湾の家庭事情

  2. 2

    福田元首相秘書が懸念「国会でモラルハザード起きている」

  3. 3

    ボランティア辞退に意向確認 もはや東京五輪は“真っ黒”だ

  4. 4

    緊急事態宣言「1カ月延長論」浮上 2週間で収束メド立たず

  5. 5

    “里帰り不倫”福原愛はシンママに勝機 モラハラ夫に同情票

  6. 6

    150人が殺到 久美子氏の誕生日「晴れ舞台」で迫られた弁明

  7. 7

    中学受験始まる新4年生「塾でつまずき出す」のが5月の理由

  8. 8

    小川彩佳に“傷口に塩”の仕打ち…夫の愛人が不倫の日々激白

  9. 9

    拘束プレー用の足枷を放置 ある日彼の母親が家に来て…

  10. 10

    遠征先で無断外泊先から球場入り…それでも石井は好投した

もっと見る

人気キーワード