「誰も知らなかったジャイアント馬場」市瀬英俊著

公開日: 更新日:

 ジャイアント馬場こと馬場正平と妻・元子。公私ともにパートナーとして支え合った夫婦には、生前語られることのなかった秘話があった。2018年に元子が亡くなった後、2人が交わした1000通近いラブレターが残された。遺族からその手紙を託された著者は、「週刊プロレス」の記者として生前の馬場夫妻と間近で接したスポーツライター。託された手紙を軸にジャイアント馬場の知られざる一面を書き残すことになった。

 馬場正平は1938年、新潟県三条市の青果商に生まれた。大きな体と抜群の運動能力が信越球界で注目を浴び、読売巨人軍にスカウトされて球界入りした。

 一方の元子は兵庫県明石市の実業家の娘。父が自宅で催した巨人軍選手の激励会で新人ピッチャーの正平に出会った。元子15歳、正平17歳。

 その後、正平の人生は変転する。けが、野球との決別、力道山への弟子入り、プロレスラーへの転身。この間、細々と続いていた元子との関わりは淡い恋へ、真剣な愛へと深まっていった。2人は頻繁に手紙をやりとりした。「貴女」「貴方」から「モーちゃん」「ショーヘー」へ、「カーちゃん」「トーちゃん」へとお互いの呼び名も変わっていった。遠く離れて暮らす元子に「カーちゃんが一人で泣いていると思うと、トーちゃんも泣きたくなります」と返す手紙に正平のやさしさがにじむ。

 元子は、正平と真面目に交際していること、プロポーズされたことを両親に告げた。しかし、名家の令嬢とプロレスラーの結婚は許されなかった。特に、元子の母は猛反対した。悩んだ末に、元子は養子縁組までして実家を離れ、2人はハワイでささやかな結婚式を挙げる。しかし入籍はせず、子供もつくらなかった。馬場はその理由を姪にこう漏らしたという。

「おばあちゃんが悲しむからね」

 プロレス界に君臨した巨人は、人知れぬ思いを抱えて闘っていた。物事の筋を通す誠実な人だったことが、手紙の文章から伝わってくる。

(朝日新聞出版 2000円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    有吉弘行は夏目三久と出会い10年“徹底秘密主義”の仰天逸話

  4. 4

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  5. 5

    桐谷美玲ら発掘 名物女社長のパワハラ&セクハラ疑惑と手口

  6. 6

    渡り合える「強さ」で拭い去った夏目三久の「有吉の壁」

  7. 7

    小池知事また圧力か?子飼いの都議が“竹山番組”ドタキャン

  8. 8

    小室圭さん「国民感情にゼロ回答」でご結婚は前進するのか

  9. 9

    東京まん延防止適用 3度目宣言のカウントダウンが始まった

  10. 10

    有吉弘行&夏目三久が結婚 5年前の“幻のスクープ”報道とは

もっと見る

人気キーワード