「緊張を味方につける脳科学」茂木健一郎著

公開日: 更新日:

 人生の「ここ一番の勝負どころ」では誰もが緊張する。緊張で集中力が研ぎ澄まされ、パフォーマンスが向上する人もいれば、失敗やパフォーマンスが低下してしまう人もいる。日本人は緊張しやすい民族だという。

 本書は、緊張はどのように生まれるのかを脳科学の知見から解き明かす。

 緊張とは人間が動物として持っている本能だそうだ。肉食獣に襲われるなど動物にとって「命が脅かされる状況」で感じるものが緊張。この時、脳の中では「扁桃(へんとう)体」と呼ばれる感情の中枢がまず働く。人間では扁桃体が活動する機会が複雑になり、社会的死活問題においても緊張をもたらすようになったのだそうだ。

 そのメカニズムを解説しながら、緊張を味方にベストパフォーマンスを引き出す方法を説く。

(河出書房新社 924円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    小泉孝太郎が“特捜部が捜査”企業CMをひっそり降板していた

  3. 3

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  4. 4

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  5. 5

    さぁ、困った! 即戦力のドラフト1位候補を評価できない

  6. 6

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  7. 7

    婚約内定会見から3年8カ月の眞子さまは…約束後45%が破棄

  8. 8

    宣言拡大延長なのに規制緩和の支離滅裂…スガ不況へ一直線

  9. 9

    大谷翔平に追われたプホルスにレイズ筒香が追い出される日

  10. 10

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

もっと見る

人気キーワード