「咆哮」アンドレアス・フェーア著 酒寄進一訳

公開日: 更新日:

 ドイツ南部ミースバッハ郡山中の湖で少女の遺体が見つかる。少女は、金色のドレスを着せられていた。捜査を指揮するヴァルナーが湖のほとりで見つけた受難者記念碑の十字架には、被害者の名前と殺害日が刻まれていた。被害者の16歳のピアは、裕福な家庭の娘だった。

 仕事後、酒場に立ち寄ったヴァルナーは、隣り合わせた牧師から娘を山の遭難で失った男の話を聞く。祖父と暮らす自宅に帰宅したヴァルナーは、庭の梯子に気づく。祖父に聞くと夕方、アンテナの工事人が来たという。不審を抱いたヴァルナーが外に出ると、金色のドレスを着た少女の遺体が屋根から滑り落ちてくる。2人の被害者の口からは数字が書かれたブリキのバッジが見つかった。ドイツの人気作家による長編ミステリー。

(小学館 1155円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森七菜「移籍騒動」の代償…勢い急失速で連ドラ出演ゼロに

  2. 2

    今からもらえる給付金・補助金 こんなに申請受け付け中!

  3. 3

    山下智久「ドラゴン桜」再出演を阻む“3つのアクシデント”

  4. 4

    “親分の孫”野球エリート元慶大生 給付金詐欺で逮捕後の今

  5. 5

    玉木宏だからハマッた?「桜の塔」2ケタ視聴率キープの謎

  6. 6

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  7. 7

    静岡放送社長とW不倫疑惑 “看板女子アナ”のお騒がせぶり

  8. 8

    眞子さま最終手段「一時金」辞退…それでも小室さんは愛を貫ける

  9. 9

    ピーチ“マスク拒否男” 直撃取材の1週間後に飲食店で大暴れ

  10. 10

    今期ドラマは豊作と話題 TBSがやっぱりダントツに面白い

もっと見る

人気キーワード