• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「吉原と日本人のセックス 四〇〇年史」下川耿史、永井義男共著

 日本に初めて遊郭が誕生したのは1589年、豊臣秀吉によって京都・島原に開設されたもの。

 江戸時代に入ると現在の日本橋に幕府公認の遊郭、元吉原が1618年に開設されることになる。それから約40年後に吉原は現在の地に移るのだが、本書はかねて性風俗を研究してきた2人が対談し、これまでの“吉原本”の多くが資料と実態の間にずれがあることを指摘し、日本の社会史、文化史として正しく位置づけるようにしたのが本書である。

 また古代の歌垣、夜這いの風習から始まって、セックスに金品のやりとりが絡み、システム化されるようになった江戸時代を経て、売春という言葉が定着した現代までのいきさつを解き明かしていく。(辰巳出版 1400円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    がん患者にヤジ 自民・穴見議員に政治資金“還流”疑惑浮上

  2. 2

    ジャニーズは酒と女で破滅 元TOKIO山口、NEWS小山の次は?

  3. 3

    AKB総選挙1位でも 松井珠理奈に課せられる“ヒールの宿命”

  4. 4

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  5. 5

    夫がキャディーに…横峯さくらは“内情の功”シード復活の糧

  6. 6

    宮里藍「10年越しの結婚」秘話 世間体気にし父親も大反対

  7. 7

    モリカケ潰しと国威発揚 安倍政権がほくそ笑む“W杯狂騒”

  8. 8

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  9. 9

    6年ぶりV逃した有村智恵の衰え…再三のチャンス決められず

  10. 10

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

もっと見る