「吉原と日本人のセックス 四〇〇年史」下川耿史、永井義男共著

公開日:  更新日:

 日本に初めて遊郭が誕生したのは1589年、豊臣秀吉によって京都・島原に開設されたもの。

 江戸時代に入ると現在の日本橋に幕府公認の遊郭、元吉原が1618年に開設されることになる。それから約40年後に吉原は現在の地に移るのだが、本書はかねて性風俗を研究してきた2人が対談し、これまでの“吉原本”の多くが資料と実態の間にずれがあることを指摘し、日本の社会史、文化史として正しく位置づけるようにしたのが本書である。

 また古代の歌垣、夜這いの風習から始まって、セックスに金品のやりとりが絡み、システム化されるようになった江戸時代を経て、売春という言葉が定着した現代までのいきさつを解き明かしていく。(辰巳出版 1400円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

  8. 8

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

もっと見る