「吉原と日本人のセックス 四〇〇年史」下川耿史、永井義男共著

公開日:  更新日:

 日本に初めて遊郭が誕生したのは1589年、豊臣秀吉によって京都・島原に開設されたもの。

 江戸時代に入ると現在の日本橋に幕府公認の遊郭、元吉原が1618年に開設されることになる。それから約40年後に吉原は現在の地に移るのだが、本書はかねて性風俗を研究してきた2人が対談し、これまでの“吉原本”の多くが資料と実態の間にずれがあることを指摘し、日本の社会史、文化史として正しく位置づけるようにしたのが本書である。

 また古代の歌垣、夜這いの風習から始まって、セックスに金品のやりとりが絡み、システム化されるようになった江戸時代を経て、売春という言葉が定着した現代までのいきさつを解き明かしていく。(辰巳出版 1400円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  3. 3

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  6. 6

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  7. 7

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    日ロ交渉はお先真っ暗…完黙でつけ込まれる河野“無能”外相

もっと見る