「吉原と日本人のセックス 四〇〇年史」下川耿史、永井義男共著

公開日: 更新日:

 日本に初めて遊郭が誕生したのは1589年、豊臣秀吉によって京都・島原に開設されたもの。

 江戸時代に入ると現在の日本橋に幕府公認の遊郭、元吉原が1618年に開設されることになる。それから約40年後に吉原は現在の地に移るのだが、本書はかねて性風俗を研究してきた2人が対談し、これまでの“吉原本”の多くが資料と実態の間にずれがあることを指摘し、日本の社会史、文化史として正しく位置づけるようにしたのが本書である。

 また古代の歌垣、夜這いの風習から始まって、セックスに金品のやりとりが絡み、システム化されるようになった江戸時代を経て、売春という言葉が定着した現代までのいきさつを解き明かしていく。(辰巳出版 1400円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    あのジャニーズが“バーチャルアイドル”2.19デビューの衝撃

  2. 2

    風間俊介は3歳児の父 ジャニーズ“結婚&子持ち”NGの境界線

  3. 3

    深まる亀裂…対韓「経済制裁」強行で偽装アベノミクス自爆

  4. 4

    かつては“お荷物”…山下智久が引き寄せた仕事運と信頼

  5. 5

    背後に敏腕マネが 大坂なおみ“バイン契約解除”決断の真相

  6. 6

    嵐に燻り続けてきた“プロパーvs外様”メンバーの確執と暗闘

  7. 7

    専門家も警鐘 南海トラフ巨大地震“前兆”続々発生の不気味

  8. 8

    結婚発表前に伏線が…テレ朝・小川彩佳は悲恋のプリンセス

  9. 9

    背水から逆転の山下智久&木村拓哉 1本の映画が2人を変えた

  10. 10

    好調な映画そっちのけ…キムタクの雑な“白髪染め”が話題に

もっと見る