「紅白が生まれた日」に戦後復興ドラマで“最高のデキ”の評価

公開日:  更新日:

 NHKが放送90年(ラジオ開始から)を迎え、先週末にやたらとスペシャル番組をやっていた。中でも一番よかったのは土曜夜のドラマ「紅白が生まれた日」だろう。

「紅白歌合戦」の単なるPRドラマかと思って見たら、昭和20年を舞台に、終戦の4カ月後に「紅白」を実現させる新藤放送員(ラジオディレクター=松山ケンイチ)の奮闘を通して描く日本の復興物語で、いいデキだった。しかも、知らない事実がテンコ盛り。 

 ラジオの放送がGHQの厳しい検閲を受けていたのは周知の事実だが、子供のチャンバラごっこを見て、「(戦争を連想させる)子供の遊びもGHQに禁止されるそうです」と落胆して話していた時に、新藤が「紅白歌合戦」を思いついたという。

 そして米国側に企画を出した際に、新藤らは「(勝敗を決めることは)自由競争社会のシンボルです!」「民主主義を体現した番組なんです」「これからは男女がライバルになる時代なんです!」と説明。新しい日本社会の形という趣旨が紅白のルーツだったのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る