リズムネタ「エグスプロージョン」 子供人気の裏に“親ウケ”

公開日: 更新日:

 しゃべりのしっかりしている「エグスプロージョン」だが、本業はお笑いコンビではなくダンスユニット。織田信長が明智光秀に討たれた「本能寺の変」をコミカルな歌詞とダンスに乗せたネタは「YouTube」の再生回数1730万回を突破。

 他にも「ペリー来航」「関ケ原の戦い」「島原の乱」など、年号や武将の名前を覚えやすく織り交ぜた歌詞が話題になり、小中学生を中心に大人気となっているのだ。

「文科省が08年に改訂した中学校学習指導要領の影響で、ダンスや武道が必修科目となった。小学校でもダンスを必修とする学校も出てきており、歴史とダンスを結びつけた『エグスプロージョン』のリズムネタは子供が食いつきやすい。意味のない歌詞で踊る『8・6秒バズーカー』よりも歴史の勉強になるので、親のウケもいい」(芸能関係者)

 今月1日にはテレビで「教科を変えてやってみた。理科とか」と話していたまちゃあき。国語、算数、理科……子供相手のネタは当分尽きなさそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    フジ宮司アナは“夜の女神”へ…トップクラスの美貌とMC技術

  2. 2

    専門家も警鐘 南海トラフ巨大地震“前兆”続々発生の不気味

  3. 3

    入籍で妊娠説も ベッキーがやっと乗り越えた“ゲスの呪縛”

  4. 4

    大河史上最速で視聴率1桁…「いだてん」を襲うNHKの包囲網

  5. 5

    そこまでやるかNHK 安倍首相と「遺恨」残す部署が解体危機

  6. 6

    背後に敏腕マネが 大坂なおみ“バイン契約解除”決断の真相

  7. 7

    中日・根尾昂が宿舎で見せた「優等生」とは違う“別の顔”

  8. 8

    テレ朝・弘中綾香アナ“最大の武器”はマイペースと強心臓

  9. 9

    結婚発表前に伏線が…テレ朝・小川彩佳は悲恋のプリンセス

  10. 10

    客寄せからガス抜きに出世 “ウォシュレット小泉”はどう?

もっと見る