カメレオン俳優・伊藤淳史が手に入れた“丸刈りヘア”の効能

公開日:  更新日:

 俳優の伊藤淳史(31)が27日、主演映画「ボクは坊さん。」(10月24日~)公開決定記念トークショーに出席した。僧侶役というだけあって、袈裟に丸刈り頭を披露したのだが、これが似合うのなんのって。ヒロイン役の山本美月(24)が「かわいらしい。魅力的ですよね」と自然と手が伸びナデナデした気持ちもよく分かる。

 伊藤は4~6歳の子役時代に扮した「チビノリダー」で強烈なインパクトを放って以来、映画やドラマ、舞台で活躍してきた。電車オタクも医者もチンピラも刑務官も演じる“カメレオン”俳優として評価は高いが、丸刈り頭は初披露。このヘアは「2時間半かけて作り上げた特殊メーク」(関係者)だというが、今後はこの“丸刈り”が「伊藤の武器に加わるのでは」と、コラムニストの桧山珠美氏は分析する。

「つい最近、公約を守るため期せずして丸刈りになった加藤浩次が意外と似合うと評判になりました。万年丸刈りの市川海老蔵をはじめ、加瀬亮、高良健吾、菅田将暉、松坂桃李といった丸刈りヘアを披露してきた役者に共通しているのは、頭の形や顔の輪郭がしゅっと整っていること。髪形でごまかせないぶん、持ち前の素材が問われるわけですが、伊藤もその仲間入りを果たした印象です。これまでは小柄な体形が重宝され、額面通りのどこか頼りないヘタレ役に多く起用されてきましたが、“丸刈り”もイケるとなれば、役の幅が更に広がりそうです」

 坊主頭が生きる役柄といえば、軍人、僧侶、やくざ、受刑者など演じ甲斐のあるものばかり。小柄で愛嬌あふれる丸刈り俳優枠は伊藤の独壇場になりそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  5. 5

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  6. 6

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  7. 7

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

  10. 10

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

もっと見る