月収300万円で毎日銀座に 俳優・誠直也の破天荒な学生時代

公開日:  更新日:

 任侠映画、特撮シリーズ、そして刑事ドラマで印象的な役を演じ、VシネマやNHK大河ドラマまで幅広く活躍してきた個性派俳優・誠直也さん(67)。ちょっとヤンチャで酒豪。初めて明かす酒との日々……。

■大学受験で上京した日に銀座で散財

 生まれは佐賀だけど、高校は福岡電波高校(現・福岡工大付属高校)で、とにかくラグビーが大好きでね。正月の全国高校ラグビー選手権でも優勝。「ラグビーがすべて」の高校生活だった。

 大学受験のため、初めて上京したのが1968年の2月。受験日の2日前に兄貴の下宿へ着いて荷物を置き、そのまま向かった先は銀座。ネオン輝く銀座ですよ。

 並木通りをブラブラ見物しながら、どの店に入ろうか……。一軒も知ってる店があるわけじゃないし、迷った揚げ句、黒服のポーターさんに、「よか店はどこね」って博多弁でいきなり質問したら、そのポーターも面白くて、「はい、うちの店です」。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る