二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

福岡県出身。大学卒業後、「微笑」(祥伝社)の記者に。その後、「Emma」「週刊文春」(ともに文芸春秋)をはじめ、多くの週刊誌、スポーツ新聞で芸能分野を中心に幅広く取材、執筆を続ける。フリー転身後はコメンテーターとしても活躍。

糟糠の妻を裏切り とにかく明るい安村“不倫醜聞”の既視感

公開日: 更新日:

 糟糠の妻――。「貧しい時から苦労を共にしてきた妻」という意味である。普段はあまり口にしない言葉だが、芸能記事では不倫の記事によく使われている。

 先週、また「週刊文春」がスクープした“とにかく明るい安村”の浮気現場。ここでも安村の下積み時代を支えた妻を「糟糠」とあった。芸人に限らず下積みを送ってきた歌手や俳優は数多くいる。スターを夢見ながら芸を磨く。その一方で生活も維持しなければならない。

「駆け出しのころ、芸と生活の両立の大変さは体験した者でなければ分からない」と聞く。そこで少しでも生活の負担を軽くする手段として「同棲」が生まれた背景がある。家賃、生活費などを女性と折半して暮らすことで、芸に専念する時間を増やす。かつては役者を目指す劇団員に多かった。

 女性も彼の夢を実現させるために尽くす。結婚はその延長線上にある。ところが、売れると生活は一変する。桁違いのお金が振り込まれる。「思わず通帳に記された“0”の数を何度も数え直した」という話を聞く。お金に加えて人気を得ることでモテる。人生が一変する瞬間である。そこにスキができる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  2. 2

    芦名星さん謎だらけの突然死“遺作グラビア”現場では笑い声

  3. 3

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  4. 4

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  5. 5

    石破茂氏だけじゃなかった…菅新首相の露骨な「岸田潰し」

  6. 6

    大坂なおみ全米2度目Vで稼ぎは? “BLM”貫き米財界が熱視線

  7. 7

    大坂なおみ驚きの“アゲマン効果”…恋人ラッパーは超有名に

  8. 8

    岡部大「エール」で弟子役を好演 菅首相以上の“秋田の星”

  9. 9

    菅首相の父は豪放磊落な地元の名士 まったく違うタイプ

  10. 10

    銚子電鉄 袖山里穂さん<前>アイドル車掌は会社をどう見る

もっと見る