• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

11年目も視聴率好調 「捜査一課9係」どうして強いのか?

 春ドラマがボチボチ最終回を迎えている中、テレビマンに注目されているのがテレビ朝日の「警視庁捜査一課9係」だ。フクヤマやマツジュンみたいな派手なキャストではないにもかかわらず、全11話の平均視聴率が12.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。今のところ、総合で3位に付けている。「9係」は今期で11シリーズ目。どうしてそんなに強いのか。

 かつて日刊ゲンダイが同番組の松本基弘プロデューサーに同じ質問をぶつけたところ、渡瀬恒彦や羽田美智子、井ノ原快彦ら9係メンバーのチームワークの良さを挙げていた。こんな具合だ。

「スタート当初はまだ予算も使えた時期だったので、あれだけのメンバーが集められたのですが、これを3年も4年も続けるのは無理だと思っていました。だってみなさん忙しいんだから『舞台だ』『映画だ』って次々に決まっていっちゃう。一方の『9係』は必ずしも来年あるとは限らない。なのに、なのにですよ、みなさん『9係』だけは来年もあることを前提に、そこだけはスケジュールを空けといてくれるんです。こんなこと普通ありえませんよ!」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  2. 2

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  3. 3

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  4. 4

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  5. 5

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  6. 6

    “塚原派”にも追い込まれ…コーチ不在の宮川紗江に引退危機

  7. 7

    トップ3は韓国勢でも LPGAは主催者に放映権を要求するのか

  8. 8

    大谷“19勝&350打席”監督予言 2年後には年俸総額150億円も

  9. 9

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  10. 10

    右肘手術をさせたいエ軍と避けたい大谷翔平…暗闘の全内幕

もっと見る