11年目も視聴率好調 「捜査一課9係」どうして強いのか?

公開日:  更新日:

 春ドラマがボチボチ最終回を迎えている中、テレビマンに注目されているのがテレビ朝日の「警視庁捜査一課9係」だ。フクヤマやマツジュンみたいな派手なキャストではないにもかかわらず、全11話の平均視聴率が12.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。今のところ、総合で3位に付けている。「9係」は今期で11シリーズ目。どうしてそんなに強いのか。

 かつて日刊ゲンダイが同番組の松本基弘プロデューサーに同じ質問をぶつけたところ、渡瀬恒彦や羽田美智子、井ノ原快彦ら9係メンバーのチームワークの良さを挙げていた。こんな具合だ。

「スタート当初はまだ予算も使えた時期だったので、あれだけのメンバーが集められたのですが、これを3年も4年も続けるのは無理だと思っていました。だってみなさん忙しいんだから『舞台だ』『映画だ』って次々に決まっていっちゃう。一方の『9係』は必ずしも来年あるとは限らない。なのに、なのにですよ、みなさん『9係』だけは来年もあることを前提に、そこだけはスケジュールを空けといてくれるんです。こんなこと普通ありえませんよ!」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  10. 10

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

もっと見る