• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

浅越ゴエさんが振り返る お笑い界を離れていた時の思い出

「R―1ぐらんぷり」優勝、ソフトバンクモバイル主催「S―1バトル」2年連続チャンピオンの実力派。コントユニット「ザ・プラン9」メンバーとしても活躍している浅越ゴエさん(44)。一時、お笑い界を離れていた時があった……。

 ◇  ◇  ◇

 これは住友不動産販売に入社して間もなく、歓迎会をしていただいた時の写真です。当時25歳。配属されたのはJR大阪駅前の梅田営業センターで、中古物件の仲介をしてました。

 立命館大法学部で学んでいた90年代半ばは就職氷河期の真っただ中。少しでも就職に有利になるようにと資格取得が注目されていて、3回生の時に宅地建物取引主任者の資格を取ってたんです。

 ただ僕が選んだのはお笑いの道。吉本興業のタレント養成所・NSC大阪校に入学して、卒業後はコンビを組んでいました。ところが、なかなか芽が出ない。1年目のギャラは全部で数千円。2年目でも年収27万円ほどでしたから、コンビニのアルバイトで生活費を稼いでました。住んでいたのはJR京橋駅から徒歩10分ちょい、家賃2万7000円のオンボロアパート。毎月カツカツですよ。それでも僕らなりに頑張ったつもりですが、とうとうコンビは解散。先行きが見通せなくなりました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「稼いだのは1カ月…」ブレークから10年たった鼠先輩は今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    沖縄県知事選 玉城デニー氏「ひとつになって前進すべき」

  4. 4

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  5. 5

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  6. 6

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  7. 7

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  8. 8

    巨人と西武のオーナーが示唆も…「監督続投要請」の吉凶

  9. 9

    富士山大噴火 気象研「降灰量シミュレーション」の衝撃

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る