井筒和幸
著者のコラム一覧
井筒和幸映画監督

1952年12月13日、奈良県出身。県立奈良高校在学中から映画製作を始める。75年にピンク映画で監督デビューを果たし、「岸和田少年愚連隊」(96年)と「パッチギ!」(04年)では「ブルーリボン最優秀作品賞」を受賞。歯に衣着せぬ物言いがバラエティ番組でも人気を博し、現在は週刊誌やラジオでご意見番としても活躍中。

追悼シドニー・ポワチエ 黒人の夢と希望を世界に示した俳優だった

公開日: 更新日:

 街のシネコン館には、大人が見たい映画なんかまるでない。愛だ正義だのアニメ、幼稚なジャニーズもの、キラキラ系の若い恋愛、軽薄なテレビドラマの焼き直し、邦画はペらっぺらなものばかりだ。今に始まったことじゃないが、邦画は本当にデタラメで幼稚だな。洋画もコミックとCGと殺し合いばかりでウンザリだ。もう「いい加減にしろ」と往年の洋画ファンは嘆いている。ならば、見放題のネット配信でも見とけばいいってか。

 ところが、その月決めの電気代だけで見る配信でもロクなものがない。売れ残りのワゴンセールと変わらず逸品は揃っていない。監督ドン・シーゲル、主演ウォルター・マッソー、銀行強盗の顛末記の「突破口!」(74年)なんて見られるはずがない。ハーベイ・カイテル兄貴の「マッド・フィンガーズ」(81年)も見られない。41年前の正月公開らしく最高に狂っている映画だった。ついでだが、ライアン・オニールが強盗犯の逃がし屋になって夜のロスをぶっ飛ばす「ザ・ドライバー」(78年)も見られるわけがない。しょせん、見放題はそんなもんだ。おまけに新作もいまひとつだ。去年のベネチア銀獅子賞、先日はゴールデン・グローブ賞も取った「パワー・オブ・ザ・ドッグ」も配信で見たが、100年前のアメリカの陰気な牧場主の同性愛の話は覇気がなかった。近年の賞取りものは出来損ないばかりだ。映画は愉快で血が騒いで肉も躍ってくれないと話にならんわと、改めて思った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    南果歩が乗り越えた渡辺謙との壮絶離婚…支えた長男は新進気鋭アーティストとして活躍中

    南果歩が乗り越えた渡辺謙との壮絶離婚…支えた長男は新進気鋭アーティストとして活躍中

  2. 2
    新春SPドラマ二宮和也「潜水艦カッペリーニ号の冒険」大コケ…ファン離れついに現実に?

    新春SPドラマ二宮和也「潜水艦カッペリーニ号の冒険」大コケ…ファン離れついに現実に?

  3. 3
    細川ふみえの入浴剤CMを見て「フーミンは“さげまん”なんだよ」という言葉を思い出した

    細川ふみえの入浴剤CMを見て「フーミンは“さげまん”なんだよ」という言葉を思い出した

  4. 4
    41歳声優の妊娠発表で「高齢出産」がSNSでトレンド入り…消えぬ“偏見”に潜むもの

    41歳声優の妊娠発表で「高齢出産」がSNSでトレンド入り…消えぬ“偏見”に潜むもの

  5. 5
    ドイツ人青年がタトゥーで肉体改造「人間離れした姿」になるのが目標

    ドイツ人青年がタトゥーで肉体改造「人間離れした姿」になるのが目標

もっと見る

  1. 6
    若年層や女性が感染しやすい…「オミクロン株」の怖さと対策を専門家に聞いた

    若年層や女性が感染しやすい…「オミクロン株」の怖さと対策を専門家に聞いた

  2. 7
    渡辺謙が南果歩と離婚 30代ホステスとの不倫が原因でバツ2

    渡辺謙が南果歩と離婚 30代ホステスとの不倫が原因でバツ2

  3. 8
    9歳の女児からお年玉をひったくり…46歳無職女の血も涙もない素性

    9歳の女児からお年玉をひったくり…46歳無職女の血も涙もない素性

  4. 9
    長澤まさみ「鎌倉殿の13人」での“ささやきナレ”は聞き取りにくい…過去の大河では降板劇も

    長澤まさみ「鎌倉殿の13人」での“ささやきナレ”は聞き取りにくい…過去の大河では降板劇も

  5. 10
    やっぱり唐田が好き? 東出が囲み取材でつい漏らした本音

    やっぱり唐田が好き? 東出が囲み取材でつい漏らした本音